mail_matsu

せどりの刈り取りはどうやるの?Amazonで仕入れて、アマゾンに転売する不思議な方法

こんにちは!

「Amazon転売せどり大全」著者のマックスフルネス松川です。

 

Amazonで商品を販売していると、

よく、ライバルやAmazonが同じ商品を後から出品してきて、

 

それが自分がつけている値段より

明らかに激安の価格だったりすると、「まずいな…」と思うことありませんか?

 

私も最初の頃はよくそんなことを思っていましたが、

実は、商品によってはそれが大チャンスに変わることもよくあります。

 

むしろ、刈り取りできるのでラッキーと感じてしまうぐらいです♪

 

Amazon転売であれば、Amazonで販売をするので、

Amazon以外の仕入れ先で仕入れをすることが当たり前と思われそうですが、

 

実はAmazonは”仕入れ先にもなる”って知っていました?

アマゾンで仕入れて、アマゾンで販売して、それだけで10万円、20万円と稼ぐ事も可能なのです。

 

せどりをやっていく上で、いつリサーチしても儲かる仕入れ先や、

簡単に大量仕入れができる仕入先があれば、こんなにラクなことはないですよね~。

 

実はその仕入先がアマゾンだったりするんですね^^

 

それに仕入れ先は少しでも多い方が、

安定した仕入れを行う事が出来るので、知っておいて損は無いと思いますから、

 

ということで今回は

「アマゾンで仕入れて、アマゾンで販売する方法」をおしっかり伝えしようと思います。

 

しっかり勉強して、「アマゾンで稼げない」を、

「アマゾンだけでも稼げる」に変えていきましょう~♪

 

刈り取りの意味とは?ビジネス的に言うと…

そもそも「刈り取り」って何?

というところも簡単にお伝えしておこうと思います。

 

ビジネスで営業(セールス)をやっている人はよく、

「種まき」「刈り取り」という言葉を耳にすると思います。

 

「種まき」は、既存のお客様との信頼構築や、

新規顧客獲得の為のご縁作りなどが該当します。

 

それに対して「刈り取り」は、

商品(モノやサービス)をお客様に対して購入して貰うことや

追加注文を貰ったり、利益に直結することが該当します。

 

アフィリエイト業界でも、

この「種まき」と「刈り取り」のバランスについて

上手く比重を置き絡み合わせることで売上と収入が上がると言われています。

 

アマゾンでやる、せどりの刈り取りとは?

では、せどりで「刈り取り」とは

どういうことを意味するのでしょうか?

 

上述した説明を読んで、「刈り取り」をせどりに置き換えても

よく意味が分からず、ピンと来ない人も多いと思います。

 

まず、せどりで使われる「刈り取り」とは、

電脳せどりで使われる用語ですが、

 

電脳せどりの基本は、

ヤフオクなどのオークションサイトやメルカリなどのフリマサイト、

または楽天市場等のモール型ネットショップサイトや、独自のネットショップサイト、

 

アマゾン以外のサイトで商品を安い価格で仕入れて、

アマゾンで高い価格で販売して利益を出すというのが一般的な考え方です。

 

それを、アマゾンで仕入れてアマゾンで販売する…。

つまり、同じアマゾンショッピングサイト内で、商品の価格差を狙って利益を生み出す。

 

これを、せどり業界では「刈り取り」と呼んでいます。

 

なぜアマゾンで仕入れてアマゾンに転売が出来るのか?

この「刈り取り」…アマゾンで仕入れてアマゾンで転売する方法は

せどり初心者であれば間違いなく「なんでだろう?」と不思議に思ってしまう方もいると思います。

 

しかし、アマゾンにも数多くの出品者(ライバル)がいて、

その出品者1人1人が、各々で商品の販売価格を自由に設定することが出来ます。

 

例えば、こちらの商品1つに対しても、

20人以上の出品者がいることが分かります。

 

それぞれの出品者が各々の値段設定をしていることが分かりますね。

 

この商品は20人ぐらいですが、

商品によっては100人、200人と出品者がいることも多々あります。

 

それだけの人数がいますので、出品者の中には、

ライバルより早く商品を売って早めに現金化したい。

キャッシュフローを健全化する為にも薄利、または赤字でも売り切りたい。

 

等々、色んな個人の事情や思惑に加え、

商品の販売予測、見込み利益等が考えられ

アマゾンの商品価格は設定されていくことになるのです。

 

例えば、より早く商品をキャッシュに変えたい出品者は

価格を市場相場価格より大幅に値下げして売り切る時があります。

 

中には、販売者の数が多くなると

「1円」という商品を見かけることもあります。

 

1円まで下がった物が今回の仕入れ商品にはなかなかなりませんが、

それぐらいアマゾン内だけでも価格競争で値下がりが多く発生します

 

その値下がったタイミングで「刈り取り」を行い、

再度、その商品の市場相場価格やそれ以上の価格で

値付けをしなおして販売することで、利益を上げることが出来るというわけです。

 

 

アマゾン刈り取りのメリット

 

仕入れ対象商品が簡単に見つかる

まず、刈り取り商品の対象となる条件は、

 

  1. ある程度人気商品であること
  2. 商品の相場価格が安定していないこと
  3. 出品者(ライバル)が多いこと

 

簡単に書きましたが、

この3つの条件が揃っていれば刈り取り対象商品になる可能性があります。

 

アマゾンでの商品の数は膨大ですし、

人気の商品は出品者が多く、

 

出品者が多いということは

色んな出品者がいて、商品の相場価格が安定しにくくなります。

 

つまり、上記の3つの条件は

比較的そろいやすいので、仕入れ対象商品も見つかりやすいというわけです。

 

在宅で隙間時間にできる

刈り取りは、

色んな商品をリサーチしていくというよりは、

1つの商品の価格相場を定期的にチェックしていくことが多いです。

 

つまり、商品さえある程度選定しておけば、

暇な時間にその商品ページに訪れて価格の変動をチェックして、

あとは、価格差が発生した商品を仕入れるだけになります。

 

難しそうに聞こえるかもしれませんが、

刈り取りのやり方は至ってシンプルで簡単です。

 

そのデメリット

購入のタイミングを間違えると一気に赤字

刈り取りを行うタイミングの1つに、

プレ値価格で売れている商品が、定価で再販された際に刈り取り、再度プレ値価格で売る」という場合があります。

 

これは市場にその商品があまり出回っておらず、

需要に供給が追いつかない理由で、その商品が高値になっています。

 

もし、大量生産の再販で供給が需要を上回ったら、

もうその商品は、プレ値価格には戻らないというリスクもあります。

 

そうなったら後は値下がる一方なので、

大きな損失に変わる可能性も秘めています。

 

アマゾンアカウント閉鎖のリスクがある

まず、アマゾンで購入した商品は

比較的簡単に商品を返品・返金してもらうことが可能です。

 

上述したように、

「定価商品を仕入れ、再度プレ値で売ろうと思ったのに全く売れない」

 

と、このような状態に陥ったときは、

商品を返品し、全額返金してもらうことも可能です。

(もちろん返品理由はその他の理由を選択して記載しますが…)

 

「な~んだ、仕入れても気に入れなければ全額返金できるんだ?」

と、一見、仕入れリスクのないような気もしますが、

 

そんなことばかりを繰り返していると…

 

まず、購入用アカウントが閉鎖され、

それに紐付けられた出品用アカウントも閉鎖という自体になりかねません。

 

アカウント閉鎖はアマゾンセラーにとって致命的な

ダメージをおってしまうので、絶対に避けたいところです。

 

その為、むやみやたらに刈り取りを行うことは絶対にしてはいけません。

 

刈り取りの最適なタイミングについて

せどりの刈り取りの中にも色んな方法がありますが、

 

例えば、Amazon本体からの刈り取りを行う際、

最も重要なのが刈り取りを行うタイミングです。

 

デメリットの説明でも述べましたが、

タイミングを間違えると、大きな赤字を生み出す危険性も秘めています。

 

1つ2つの刈り取りであれば

大したリスクはないですが、

 

もし大量に刈り取りを行う場面が出てきたら、

他のネットショップサイトの相場や在庫の数などもあわせて確認し、

ライバルの急激な増加の懸念がないかなどまで必ず確認しましょう。

 

廃盤商品の可能性がある場合は、

一番良いのはメーカーに直接電話をして確認することです^^

 

たまに、Amazonの在庫復活と同時に、

他のネットショップでも大量に在庫が復活する場合がありますが、その際は要注意ですね。

 

また、新品商品を定価で仕入れてプレ値で販売する際は、

出来るだけ発売日などが新しい商品がオススメです。

 

発売日から時間が経てば経つほど、

大体の商品はアマゾンランキング(=その商品の人気度合い)が下がっていきます。

 

商品の人気が落ちれば落ちるほど、

プレ値でわざわざ買おうとする人は少なくなりますからね。

 

一昔前まではプレ値で売れていたのに、

最近は全然プレ値では売れないというパターンも多くあります

 

このように、

刈り取りを行う際は、刈り取りのタイミングが非常に重要になってきますね。

 

アマゾンの刈り取りのやり方・方法・コツ

1番安い商品と2番目の商品の価格差を見る

この刈り取り方法は1番安い商品の価格と

2番目以降の安い商品の価格差がある場合に有効な方法なのですが

 

上記画像を実例に、

1番安い商品が4900円で販売されていて

2番目に安い商品が7000円で販売されています。

 

単純に考えて4900円の商品を購入して

7000円で販売すれば、手数料を引いても1000円程の利益が出ますよね。

 

簡単に言えば上記のようなものを仕入れる事で

Amazon内のライバル刈り取りだけで、利益が出る商品を仕入れられ、

 

ヤフオクなどでリサーチして仕入れるより効率が良いので

発見した場合はランキングに問題が無ければ即仕入れても良い商品ですね。

 

 

ちょっと余談ですが、

安い価格をつけている出品者が1人以上の場合でも

次と価格差があれば安い商品を全部買えば価格差を無理矢理生ませることもできます。

 

これはよほど自信がある場合を除いてはギャンブルの要素が高い

というか、上級者テクニックなので、

初心者はあまり真似しないよう、あくまで参考にして下さい(笑)

 

コンディションの差で仕入れる

この方法はリサーチに少し時間がかかる方法なのですが、

発見した場合は大きな利益が出る方法です。

 

例えば

新品未開封品の商品なのに

・箱がつぶれている

・箱が少し破れている

 

上記のような理由によりコンディションを

「中古」で販売している商品を見かける場合があります。

 

このような商品で

新品価格と比べ、大幅に割引している商品を仕入れて、新品で販売します。

 

”注意事項”として

箱に多少難あり」などと明記しておけば、

クレームや返品のリスクを抑え、かなりの利益が出る商品になります。

 

尚、こちらの商品は新品で8130円で販売されています。

 

5830円仕入れて、

8130円で売れれば、1160円の利益になります。

 

中古品の場合でも、「箱がつぶれている」「箱が破れている」などの理由で

1品だけ大幅に値下げをしている商品があれば利益が出る可能性があります。

 

そのような商品を購入して販売しても

コレクター商品でない限り安定して売れていきます。

 

しかし一つ注意しておかなければいけないのは

”箱に難がある”状態で安いのであれば良いのですが、

 

”汚れている”とか”破れている”

という状態で安い場合は、結局コンディションを上げて売れない場合があるので

 

仕入れの際の見極めは十分に気を付けて下さい。

 

アマゾン刈り取りツールを使ってさらに稼ぐ方法

Amazonの刈り取りにオススメツール「keepa」です。

 

正確に言うと、「Amazon Price Traccker  keepa」という

拡張機能を使った刈り取り方法ですが、無料ですしかなり便利なツールです。

 

(現在グーグルクローム版は削除されているので、FireFox版のみDL可能)

(グーグルクローム版はこちらからDL可能)

 

Keepaをインストールすると

Amazonの商品ページに上記のようなグラフが表示されます。

 

では、このツールを使ってどのようなことができるか

keepaの使い方を簡単に説明していきます。

 

まず、モノレートのように、過去の価格相場の推移が確認でき、

更に、Amazon単体の価格推移も表示してくれます。

 

上記のグラフで言うと、

赤枠内のオレンジの帯(横線)が表示されている箇所はAmazonの自社在庫があった期間を意味します。

 

また、刈り取りで大活躍してくれる

keepaの便利機能が、「商品のトラッキング機能(価格追跡機能)」です。

 

keepaの商品トラッキング機能は、

任意で設定した金額以下で商品が出品された場合、指定の通知方法でお知らせをくれるという機能です。

 

 

価格追跡機能の設定方法としては、

1「商品のトラッキング」をクリックし、

 

2・3・4で任意の価格を入力します。

(ここで設定した価格以下で出品されたら通知が来るようになります。)

(Amazon・新品・中古出品者とそれぞれ分けて設定が可能です。)

 

5で通知の受信方法を選択します。

(メール以外にも、ツイッター・Facebookでも通知を受け取ることが可能です。)

 

6最後に「トラッキング開始」を押して終了です。

 

例えば、こちらは定価7372円の商品ですが、

現時点では10000円超えで販売されています。

 

先ほど説明したトラッキング機能で、

Amazon在庫の復活を狙って、7372円でAmazonが出品されたら通知が来るように設定しておきます。

 

後は、その時を待つだけですので、

メール通知が来ればラッキーという感覚で待つだけになります^^

 

 

上記のようにメール通知が来れば、

メール本文から商品ページへアクセスして購入可能なので、

片手間でラクに仕入れが可能になりますね。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

Amazonから仕入れてAmazonで販売する方法も悪くないと思いませんか^^

 

上記で紹介した方法はいずれも”価格差”を狙って仕入れる方法で、

この価格差を考える事によって、どの場所でも仕入れが出来るという考えで行動すれば

 

安定した仕入れを行う事が出来ます。

 

「ここから仕入れなければいけない」

「この場所で売らなければいけない」という固定観念を捨てる事が出来れば

 

1品でも多く利益が出る商品を仕入れる事ができるのです。

 

是非”固定観念”を外して、安定した仕入れを行っていきましょう。

 




Information

◆土曜限定開催:無料相談会のお知らせ

【副業や事業としてAmazon転売に参入したい個人向け無料面談】

Amazon転売参入後、3か月で脱サラし、その3か月後に月商200万円の生徒K氏を輩出したマックスフルネス松川が対面形式という形で【1か月一名様限定】で無料面談を実施致します。

対象は、サラリーマンや個人事業主様で月5~15万円の利益を達成するためのノウハウや運営方法を答えられる範囲で答えてゆきます。

独立支援コース以上の方につきましては、月商レベルで最低でも85~100万円以上達成し、事業拡大に伴い1500~2000万円程度の融資(年利2~3%)を受けられるレベルまで指導することが可能です。

Amazon転売に対して真剣な人に限り毎月実施しているのと、無料ということもありまして、テキストによる事前審査もさせていただきます。

審査に通過されたクライアント様は、必ず質問事項ご持参の上、ご参加いただく流れとなります。

全国から福岡へお越しにくるクライアント様もいますが、2016年4月度よりスカイプや電話による面談を受け付けることが可能となりましたので、ご承知置きいただければと思います。

※現在は、5割の方が審査を通過しております。

●福岡限定開催 毎月1名様限定 ※厳選したいので、審査を必ずします。

【日時・締切日】
2017年2月12日(日)13時~(1月10日に募集締め切り)
2017年2月25日(土)13時~(1月24日に募集締め切り)
※コンサル生は定員になり次第、募集は一切致しません

【面談場所】福岡市内の某ホテル
【参加料金】お茶代のみご負担下さい。
【対象者】稼いで真剣に生活レベルを向上させたい人のみ

お問い合わせはコチラ


●2017年度セミナー開催予定 毎月10名規模で実施予定




楽しめた or お役に立てましたらポチッとクリックをお願いします。 →

nihon

topbanner

2 Responses to “せどりの刈り取りはどうやるの?Amazonで仕入れて、アマゾンに転売する不思議な方法”

  1. 土居 より:

    Amazon転売なのにAmazonで仕入れる方法があるなんて画期的ですね。きちんとリサーチすればいくらでも見つかりそうです!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ