mail_matsu

iphone7やスマホのせどり術!白ロムを仕入れてアマゾンに転売して稼ぐ方法 コツ

こんにちは!

マックスフルネスの松川です。

 

Amazonをいつも利用している私ですが、

またまたAmazonに驚かされました!

 

なんと

「注文から1時間で発送」という驚きのサービスが始まったみたいです。

 

このプライムナウというサービス

まだ一部の地域のみでしか実施されていませんが、

専門の配送スタッフが配送してくれるとのことです。

 

アプリからのみの注文らしいのですが、配送中の”移動の様子”もわかるみたいです。

 

すごいですよね!

 

1時間以内にに届くとなると

ちょとしたスーパーに行く手間を考えてもすごく需要がありそうです。

 

「30分以内にお届け」で一般的に普及したピザのデリバリーのように

 

今までネットで買い物をしていなかった人も

 

Amazonを利用してみようと思うかもしれませんね。

 

Amazon依存の人はますます依存に。。。。(笑)

 

そうなるとますますAmazonの利用客が増えて

通常の販売も伸びるのでしょうから、私たちの売上もさらに上がりそうですね♪

 

そんなすごいことをしてくれるAmazonですが、

配達する人は大変そうですよね。

 

クリスマス商戦で通常でもかなりの数が出るのでしょうしw

 

まあ、私にはあまり関係ないですがねw

 

 

 

話はコロっと変わりますが、

先日「白ロムってなんですか?」という質問を受けました。

 

簡単にいえば

白ロムとは、健全な状態の携帯電話でSIMが入っていないものという事なのですが、

難しくいうと。。。。話が長くなりそうです(笑)

 

携帯電話の転売もかなり美味しい商品なので

今回は白ロム転売についてお話しようと思います。

 

iphoneや携帯・スマホせどりの特徴

 

そもそも白ロムとは?

 

ドコモ、au、ソフトバンクで契約し、使っていたものを解約したものが

白ロムと呼ばれていて、

携帯電話回線の契約情報(電話番号)が記録されていないもののことを指します。

 

人気が出ているSIMフリーの機種は元々、キャリアで契約されてはいないので

白ロムではなく、SIMフリーとされ、区別されています。

 

ちなみに海外では、日本と違い、SIMフリー携帯が一般的で

プリペイド式でSIMカードが購入でき、電話番号も付いてくる為、

 

SIMフリー携帯がかなり人気の機種となっています。

 

白ロムと黒ロムの違い

 

まずは白ロムってなんぞや?という事ですが、

 

最近の携帯電話はSIMを抜き差しすれば本体が変わっても

同じ番号で使用できますよね。

 

これが昔の携帯電話は、機種本体に直接利用者情報を入れて

機種変更をした場合は、元の本体の情報を消して

 

新しい本体に書き換えるという作業が必要だったのです。

 

その情報を入れておく場所が「ロム」と呼ばれるものなのです。

 

つまり、何も書き込まれていない本体を白ロム

情報が入っている本体を黒ロムと呼んでいたのです。

 

最初にお話したように現在はSIMで行うので言い方は違うはずなのですが、

昔の名残でSIMを抜いた本体を白ロムと呼んでいます

 

なので白ロムとは「SIMが抜かれている商品」と思って頂いて構いません。

 

白ロムせどりのメリット

 

・ 回転が早く、利益が出しやすい

 

白ロムは、iphoneやXperiaなど、人気機種を扱うことも多く、

非常に高回転です。

 

利益も出しやすく、利益率が20%オーバーな商品が多いことも

珍しくありません。

 

・仕入れがしやすい

 

ほとんどのリサイクルショップやヤフオクで販売されているので、

商品も非常に仕入れやすいです。

 

ヤフオクでは、コンディション等は様々ですが、リサイクルショップよりも

安い商品もあり、ネット仕入れにオススメのジャンルです。

 

デメリット

 

・赤ロムのリスクがある

 

白ロムは、前所有者の端末料金の支払い状況により、

突然、判定が「☓」になってしまうことも、稀にあります。

 

 

 

赤ロムについては後ほどご説明しますが、

なかなか仕入れ前に判断するのが難しいことが難点です。

 

ヤフオクなどで購入する場合、端末料金は一括で支払いました。

などの説明が入っている場合は安心して購入できます。

 

・気付かない不具合が発生している場合がある。

 

これも稀ですが、電池の消耗が早いことや

SIMカードの接触不良であったり、iphoneでよくあるホームボタンの反応が悪いなど、

 

見えない箇所で欠陥がある場合があります。

 

店舗仕入れの際は、店側でほとんど確認しているので安心ですが、

電脳仕入れの際は、きっちり自身で検品しておく必要があります。

 

白ロムを仕入れる時の注意点

 

携帯電話は値段が高いし、精密な機械でもあるので

いろいろと注意しなければいけない点もあります。

 

中には、使い捨てされたような、不具合ばかりの白ロムもあるので、

 

仕入れたあとに後悔しないように、必ず読んでくださいね。

 

外観の傷を確認する

 

値段が安い商品を見つけてもすぐに購入するのは危険です。

店舗で仕入れを行う場合、携帯電話はショーケースの中に入っている場合が多いです。

 

仕入れられそうな商品を見つけたら、実際に手にとって

 

・ガラスの破損やスレは無いか?

・本体に大きな傷や汚れは無いか?

・機種特有のトラブルはないか?

 

などを確認する必要があります。

 

付属品の確認

 

付属品の確認は必ずしましょう。

特に中古品では、当然ながら、

 

単体のみよりも、付属品が揃っているものほど

販売価格も高く、利益が出やすいです。

 

メーカーによっては、純正USBケーブルでしか

充電できないようになっていたりと、

 

社外品対策がされているものもあり、

ネットでその機種の情報をチェックする必要があります。

 

例えば、Lenovoから発売されているYoga Tabletでは

Bluetoothキーボード用のUSBケーブルと、本体のUSBケーブルが別れており、

純正USBケーブルでないと、充電できません。

 

必ず、リサーチしましょう。

 

動作確認

 

動作確認をしておくことで、納品後トラブルによる

返品理由にならなくて済みます。

 

お客様にとっても、購入した商品がすぐトラブルで動かない

など不快な気分にならなくて済むので、必ず動作確認をしておきましょう^^

 

私がよくするチェック項目としては

 

・バッテリーの減り、充電ができるか

 

中古ではありがちですが、

 

バッテリーの減りについては

極度のバッテリーの減りではなければ、問題はないようです。

最悪の場合、バッテリーの膨らみが発生していることもあります。

 

充電できないなどのトラブルは、バッテリー交換では直らず、

メーカーに修理の依頼をしなければならないため、費用がかかります。

 

リサイクルショップでは、購入する前にチェックしたほうが良いです。

 

・ボタンなどの動作確認

 

iphoneのホームボタンなど、反応が悪くなりやすい、定番の箇所を

調べておくと、判断しやすいです。

 

ボタンは、常用するので、トラブルが発生しやすいです。

必ず確認しましょう。

 

・機種特有のトラブルが発生していないか

 

Xperia Zでは、文鎮化と呼ばれる

ブートエラーで起動しなくなる症状が報告されており

購入後、まったく同じ症状で、売り物にならなくなる可能性もあります。

 

お客様に届いて、すぐに文鎮化してしまうと、返品されてしまい、

結局はヤフオクで処分することになるため、注意が必要です。

 

必ず、機種名+トラブルや故障でリサーチをしておくことで、

リスク回避ができます。

 

 赤ロムでは無い事を確認する

 

先ほど赤ロムのことをチラっと話に出しましたが、

赤ロムと呼ばれるものも存在します。

 

これは携帯本体を各キャリアで割賦払いで購入し

そのまま料金を滞納していたりする商品です。

 

このような商品は機種にロックがかけられてしまうので

使いものにならないという事になります。

 

この部分が一番白ロム転売で注意しなければいけない部分でもあります。

 

調べる方法ですが、

各キャリアごとにネットワーク利用制限を調べることができます。

 

ドコモ

http://nw-restriction.nttdocomo.co.jp/search.php

 

au

https://au-cs0.kddi.com/FtHome

 

ソフトバンク

https://ct11.my.softbank.jp/WBF/icv

 

結果が○の場合は問題は無いのですが

△の場合は微妙な感じですね。

 

普通に使っていても△印が出る事が多いです。

 

そのような事があるので、専門の業者も保証を付けて販売している場合が多いですね。

 

購入する時に保証が付いていたら問題無いと思います。

 

リサイクルショップなどで販売されている物は、最低限のチェックは行っているので

×が出ることは無いでしょう。

 

オークションなどで購入する場合は、

端末の番号が出ているので、調べて購入することが出来ますね。

 

 

白ロム端末を仕入れる場所

 

私の場合はだいたいゲオやハードオフなどの

リサイクルショップで仕入れる場合が多いです。

 

DSC02130

 

他にも、、、

ブックオフ

エコモール

セカンドストリート

ヤフオク

メルカリ

が主に白ロムの仕入れ先となります。

 

利益が取りやすいのはオークションの方が出やすいですが

購入する場合は信頼出来そうな出品者から仕入れた方が良いですね

 

 

 白ロムの仕入れ時期

 

白ロムは基本的に、年中仕入れが可能です。

 

新しい機種が出た時は、新しい機種より、

1個前の型の白ロムが多く出る傾向にあります。

 

なぜかというと、新機種に乗り換える方が多いためです。

 

また、iphoneなど、超がつくほど人気な機種は

プレミアムがつくため、発売当初は入手できる数も少ないせいか

ヤフオクでは定価よりも高い値段で取引されていたりします。

 

iphone6 plus 発売当時はなんと 定価138,240円を超える 180,000円!

 

調べたところ、各社キャリアでの一括の値段は10万円です。

iphone

中国人バイヤーが定価よりも高い値段で、

店頭で並んで買った人から、速攻購入するといったことがおこり、

ニュースにもなりました。

 

iphone7の発売と転売について

 

いつもiphoneの新機種が発売される際は

良くも悪くもメディアで取り上げられますし、全国のアップルストアも大変になります。

 

お客さんも、発売日に確実に手に入れたいという思いから、

前日から並ぶ人もいるぐらいですので、ある種のお祭りみたいなものです。笑

 

また、今回も中国からの転売屋も多数訪れることでしょう。

 

その中で、iphone7を国内でもせどりできないのか?

と思う人もいると思いますが、

 

もちろん答えは「可」です。

 

ちなみに、i-phone7の発売日は、

まだ決定ではないようですが、9月中(9/16?)の発売になる可能性が強いようです。

 

また、それに合わせてiphone7の予約も

1週間前ぐらいから開始されていくとうい予想ですね。

 

これもあくまで予測ですが、去年と同じであれば、

アップルストアからはすぐにiphone7の姿は消えることになり、

2~3ヶ月ぐらいは簡単には手に入らない状態になる可能性もあります。

 

つまり、需要と供給のバランスがすぐに取れなくなり、

国内でも商品価値が上昇し、iphone7はプレミア化することは容易に考えられます。

 

そのタイミングで売ることが出きれば誰にでも転売はできますからね。

 

また、発売日以降買えないお客さんは前以ってAmazonでも予約をするので、

発売日までの期間を狙ってAmazonでも予約販売をすることも可能ですね^^

 

しかし、白ロム転売は注意しないといけない点も多いです。

 

同じiphone7であっても、SIMの関係でキャリアによって商品は全く違う商品

になるので、

 

ドコモ・au・ソフトバンク、そしてアップルストアで手に入るiphone7は、

同じiphone7でも、それぞれ全て違う商品と思ってください。

 

その点はしっかり理解した上でせどりを行わないと、

あとあとクレームの嵐になってしまうので、ご注意下さいね。

 

売れる商品の紹介

 

GALAXY Tab SC-01C

 

siroromu-monorate1

 

Docomo タブレット GALAXY Tab SC-01Cがアマゾンでは

siire22

 

仕入れ 4780円

販売価格 8350円

利益 2349円

利益率 28%

 

 

富士通 docomo ARROWS Tab LTE F-01D

siire2

 

仕入れ5990円

販売価格 9800円

利益 2670円

利益率 27%

 

タブレットの白ロムは、人気で、利益率も20~30%台と安定しています。

 

携帯やスマホの白ロムと違い、酷使されている個体が少ないせいか

キレイな状態の商品も多く、仕入れにおすすめです。

 

イー・モバイル GL04P ブラック

GL04P

 

仕入れ 6810円

販売価格 12800円

利益 4371円

利益率 34%

 

こちらは、タブレットと違うパターンで、

もともとイーモバイルのwifiルーターですが

なんと 実質のsimフリールーターです。

 

こうしたことから、イーモバイルで契約していたGL04Pが

ヤフオクやアマゾンでも比較的高く 取引されています。

 

 

simフリールーターは海外旅行で使われることも多く

なってきました。

 

レンタルをすると1日あたり4000円ほどかかるのに比べ

現地のsimならば3日で1000円いかない値段で使えたりと

メリットが多いからです。

 

よく売れる白ロム商品の情報を調べておくことで

なぜ、人気でよく売れるのか、

 

知ることができます。

 

合わせて読んでおきたいせどりノウハウ

 

家電せどりの全てのノウハウを書き込んだ総集編。

値札の秘密から店舗ごとの特徴や仕入れのコツを大公開☆

 

【まとめ】

 

店舗などで白ロム端末を仕入れる場合、

店舗に置いてある数も少ないので、

 

有名メーカーはリサーチしてみる価値あります。

 

定番中の定番のiphoneも一度はリサーチしてみましょう。

 

ちょっと最後に小技ですが、

有名メーカなどでは無く、

謎のメーカーでも利益が取れる商品が結構あります(笑)

 

CHUWI、Onda、Teclast、Ployerなど、いわゆる中国製のタブレットだったりします。

 

結論としては程度が良い商品はリサーチするべきということですね。

 

数や種類も少ないので、慣れてきたらリサーチの時間もあまりかからなくなります。

 

仕入れの定番の商品も覚えてくるので、コンディションはどうかとか

付属品の有無だけで、仕入れが可能になります。

 

思わぬお宝を発見できる場合もあるので、

店舗に寄ったらぜひリサーチしてみて下さい♪

 

本日も最後までお読み頂きありがとうございます。

マックスフルネス

松川 和憲

 




Information

◆土曜限定開催:無料相談会のお知らせ

【副業や事業としてAmazon転売に参入したい個人向け無料面談】

Amazon転売参入後、3か月で脱サラし、その3か月後に月商200万円の生徒K氏を輩出したマックスフルネス松川が対面形式という形で【1か月一名様限定】で無料面談を実施致します。

対象は、サラリーマンや個人事業主様で月5~15万円の利益を達成するためのノウハウや運営方法を答えられる範囲で答えてゆきます。

独立支援コース以上の方につきましては、月商レベルで最低でも85~100万円以上達成し、事業拡大に伴い1500~2000万円程度の融資(年利2~3%)を受けられるレベルまで指導することが可能です。

Amazon転売に対して真剣な人に限り毎月実施しているのと、無料ということもありまして、テキストによる事前審査もさせていただきます。

審査に通過されたクライアント様は、必ず質問事項ご持参の上、ご参加いただく流れとなります。

全国から福岡へお越しにくるクライアント様もいますが、2016年4月度よりスカイプや電話による面談を受け付けることが可能となりましたので、ご承知置きいただければと思います。

※現在は、5割の方が審査を通過しております。

●福岡限定開催 毎月1名様限定 ※厳選したいので、審査を必ずします。

【日時・締切日】
2016年12月11日(日)13時~(12月7日に募集締め切り)
2016年12月23日(祝)13時~(12月19日に募集締め切り)

※コンサル生は定員になり次第、募集は一切致しません

【面談場所】福岡市内の某ホテル
【参加料金】お茶代のみご負担下さい。
【対象者】稼いで真剣に生活レベルを向上させたい人のみ

お問い合わせはコチラ


●2017年度セミナー開催予定 毎月10名規模で実施予定




楽しめた or お役に立てましたらポチッとクリックをお願いします。 →

nihon

topbanner

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ