mail_matsu

働きたくないサラリーマンへ!Amazonの転売とせどりをすると家族をさらに大事にできる理由

どうも育児奮闘中の松川です!

僕も頑張っていますが、

育児はやはり、「嫁頼み」ですね~。

というかお風呂とおむつ変える以外、

泣かれても何も出来ない私です(笑)

実は、11月25日から嫁と生まれたばかりの息子が、

写真 1 (2)

写真 2 (2)

36595

実家から戻ってきていて、

ようやく一緒に過ごすことができています。

久しぶりに一緒に過ごしたので、新鮮な気持ちですが、

嫁は子守でほぼ寝ておらず、

日中に(嫁は)おっぱいあげながら寝ていて、

疲れているな~という印象…(*_*)

嫁含めて、母親というのは、

「みんなすごいな~」と思いました!!

「おれもこんな時期があったなんて…」

自分の分身(我が子)を見ながらそう思いました(笑)

現状、家事は、どちらかの両親が来るか、

実家に行くなどしない限り、

殆ど「わたくし夫の仕事」になると思います(笑)

 

で、こんな時に「脱サラしてよかった」

心からそう思う瞬間があります。

 

これは以前にも言いましたが、

聞いた話、北欧や欧州の一部では、

「男性も育休を取ることが可能」です。

あなたは日本のサラリーマンなものだから

「仕事だから、家事は宜しく。」

そんな都合のよい言葉を使っていませんか?

 

しかし、私は、脱サラをして、家で一人寂しかったけど…

11月度も写真の通り、売上実績をたたき上げながらも…

Amazon店売売上実績(息子が実家から帰ってくるまでに1,311,731円の売上‼)

 

息子の世話を積極的にしています。

しかも北欧に負けず、いつでも家事は可能(笑)

家族をおろそかにすると、子どもが学校で荒れたり、

人に迷惑をかけるようになります。

Amazonは、アメリカ発祥のビジネスだからこそ、

フリースタイル、ノマドスタイル且つ

家族中心のライフスタイルを築きながら、

事業展開することが可能なんです。

 

もしあなたが月の半分を働かない状態にして、

今よりさらに家族といる時間を増やしたければ..

Amazon転売に参入してみはいかがですか?

 

※生まれてから少し落ち着いた息子の写真(妻が丁寧に撮影してくれました)

40416

決して梅干しは食べさせていません(笑)

40410

めちゃ笑っている息子(笑)

40412

険しい表情ですね..

40411

二重が綺麗な息子(笑)

40414

また撮影してるの~?~と言わんばかりの息子(笑)

40417

あくびをする息子

40418

仏様みたいな息子(笑)

 

いや~、子どもは本当に可愛いですね~!

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます!

父ちゃん頑張るぞ~!




Information

◆土曜限定開催:無料相談会のお知らせ

【副業や事業としてAmazon転売に参入したい個人向け無料面談】

Amazon転売参入後、3か月で脱サラし、その3か月後に月商200万円の生徒K氏を輩出したマックスフルネス松川が対面形式という形で【1か月一名様限定】で無料面談を実施致します。

対象は、サラリーマンや個人事業主様で月5~15万円の利益を達成するためのノウハウや運営方法を答えられる範囲で答えてゆきます。

独立支援コース以上の方につきましては、月商レベルで最低でも85~100万円以上達成し、事業拡大に伴い1500~2000万円程度の融資(年利2~3%)を受けられるレベルまで指導することが可能です。

Amazon転売に対して真剣な人に限り毎月実施しているのと、無料ということもありまして、テキストによる事前審査もさせていただきます。

審査に通過されたクライアント様は、必ず質問事項ご持参の上、ご参加いただく流れとなります。

全国から福岡へお越しにくるクライアント様もいますが、2016年4月度よりスカイプや電話による面談を受け付けることが可能となりましたので、ご承知置きいただければと思います。

※現在は、5割の方が審査を通過しております。

●福岡限定開催 毎月1名様限定 ※厳選したいので、審査を必ずします。

【日時・締切日】
2016年12月11日(日)13時~(12月7日に募集締め切り)
2016年12月23日(祝)13時~(12月19日に募集締め切り)

※コンサル生は定員になり次第、募集は一切致しません

【面談場所】福岡市内の某ホテル
【参加料金】お茶代のみご負担下さい。
【対象者】稼いで真剣に生活レベルを向上させたい人のみ

お問い合わせはコチラ


●2017年度セミナー開催予定 毎月10名規模で実施予定




楽しめた or お役に立てましたらポチッとクリックをお願いします。 →

nihon

topbanner

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ