mail_matsu

ホームセンターでせどりはできる?ミスターマックスで上手に仕入れる方法

こんにちわ!

マックスフルネスの松川です。

 

ここ最近、本当に寒いと思ったら、ちょうど大寒の時期だったんですね。

こうも寒いと外はおろか、布団からも出たくなくなりますよね…。

 

そんな時の買い物はやっぱりアマゾンだ!となるのですが、(笑)

本当に何でもアマゾンで買えると思いませんか?

 

改めて、やっぱりすごいな~とか思ったりして、

何でも売ってるということは、何でも出品できるので、

せどらーにとっては、何でも仕入れが出来るということにもなります。

 

店舗で言うと、ホームセンターに行けば大体何でも揃えられますが、

店舗せどりをする上でも、

ホームセンターは意外と利益の出る商品があります^^

 

DSC03806

何でも売れるアマゾンだからこそ、

何でも置いているホームセンターでせどりが出来るんです♪

 

今日はそんなホームセンターの特徴や

ホームセンター仕入れのコツをまとめてみましたので、しっかりとチェックしておきましょう!

 

ホームセンターの特徴

 

まず、ホームセンターとはどんなお店のことを言うのか?

 

「主に日用雑貨や住宅設備に関する商品やDIY用品を

販売する小売店」らしいのですが、

 

ホームセンターは、お店自体もでかくて広い上、

多種多様なジャンルの商品を取り扱っている為、

最初のうちは店舗仕入れに行っても、

何を見ていいのか全く分からなかったりすると思います。

 

また、ホームセンターと言っても、

店舗によって様々なので、ハズレの店舗に入ってしまうと

「ホームセンターって何も見つからないじゃん」

と、ひとくくりにして、断念しまうこともよくあります。

 

しかし、私の経験上、

利益の取れる商品は、ないところには全くないですが、

ある店舗には山ほどあったりします!

 

何を隠そう、最近私もそれに気付きまして、

今はよくホームセンターで爆買いしています。

 

メリット

① 店舗数が多い

ホームセンターは、家電量販店には劣りますが、

店舗数も比較的多いですし、ホームセンターの種類も多く、

しっかり見ていけば、色んな店舗で仕入れることが可能です。

 

ホームセンターによって、もちろん値付も違えば、

ディスカウントするタイミングや陳列の仕方も違うので、

 

まずは、地域のホームセンターに定期的に通ってお店の特徴を掴めば、

他のホームセンターの動向も掴みやすくなると思います。

 

② 大量に仕入れが可能

利益が見込める商品が1つ見つかると、

大体在庫が何十個と見つかることも多いです。

DSC02796

 

アマゾン等、オンラインショップでは人気で売れている商品でも、

その地域では全く売れていなかったりする商品が

ホームセンターで一気に全部値下げされる時があります。

 

まさにそのタイミングに出会った時こそ、

1店舗で2~30万、別店舗で同じ商品を…と、

簡単に仕入れが出来るのが、ホームセンターの一番の魅力です。

 

ホームセンターは

個数制限などほとんどないですからね♪

 

③ 値段が安い

これは家電量販店と比べると本当に分かりやすいです。

同じ商品でも、通常の価格が1割~2割安かったり、

目を疑ってしまうことも(笑)

homecenter

home-center02

もちろん、ワゴンセールや在庫処分品等で

更に値下がっている商品も多いですよ☆

 

④ ライバルが少ない

やはりホームセンターは少し難易度が高いのか、

ライバルを見かけたことは一度もないです。

 

だからこそ、結構な価格差があるのに在庫がたくさん残っていたり、

一気に大量仕入れも可能なんだと思いますが、

 

ライバルを見かけただけで、気になってリサーチに集中できない!

なんてことも、気にする必要が全くないですからね♪

 

デメリット

① 店舗が広い

売り場が広いだけで嫌になることってありませんか?

 

何度も通いつめているお店や、どこに何が置いてあるか

既に把握しているなら別ですが、

売り場の端から端まで見て行こうか・・・

なんて、1日がかりになりますし、その前に心が折れますよね^^;

 

その為、ホームセンターせどりに関しては、

予めの事前リサーチが結構重要だったりしますね。

 

② 店舗によって置いてある商品が違う

多種多様な商品を取り揃えているだけに、

ホームセンターは色んなメーカーの色んな商材を扱っています。

 

A店には、山善のメーカーの商品が多いのに、

B店には、山善の商品が全然ない。

 

ということもよくあります。

 

ただその店舗で売り切れてしまっただけかもしれませんが…。

 

ホームセンターの種類と地域

 

・ケーヨーデイツー

関東地方を中心に、西は兵庫・和歌山から

東は福島・宮城県までで186店舗の展開。

 

・ニトリ

沖縄から北海道まで、日本全国220店舗を展開。

 

・コメリホームセンター

全国46都道府県に店舗展開、1177店舗数。

ホームセンター業界のセブンイレブンのようなお店。

 

・カインズホーム

関東・関西・中部地方を中心に

24都道府県下に200店舗。

九州・福岡にも2016年ついに進出!

 

・DCMカーマホームセンター

西は、愛知・岐阜県から東は、長野・新潟まで。

主に東海から北陸にかけて展開156店舗。

愛知県に79店舗と多く展開。

 

・ジョイフル本田

関東地方にのみ、15店舗を展開。

1店舗あたりの平均店舗面積・売上高が大きい。

 

・スーパービバホーム

関西より東は北海道まで、東日本に多く、84店舗を展開。

 

・DCMホーマック

東日本に多く点在。

関東から北海道にかけて、252店舗を展開。

 

・ロイヤルホームセンター

主に西日本を中心に展開。

東は関東地方から西は福岡まで、48店舗を展開。

 

・ホームセンターセキチュー

関東のみに24店舗を展開。

 

・ホームセンターコーナン

西は長崎・福岡から東は宮城県まで、

近畿地方を中心に304店舗を展開。

 

・ダイキ

西は、熊本・福岡から東は三重県まで、

近畿地方より西に162店舗を展開。

 

・ミスターマックス

西は長崎・宮崎から、東は群馬・茨城県まで、

福岡県を中心に61店舗を展開

 

・コストコ

西は福岡、東は宮城・山形県まで

関東を中心に、24店舗を展開。

 

・グッデイ

山口・九州エリアに63店舗を展開。

 

・ナフコ

西は鹿児島・宮崎から、東は宮城県まで、

九州エリアを中心に366店舗を展開。

 

一通り思いつくだけ紹介してみましたが、

まだまだ地方のホームセンターも合わせれば

2倍・3倍の数は余裕でありそうです^^;

 

仕入れのコツ

セール品を狙う

 

地域密着型のホームセンター等があった場合は、

処分品や在庫限定品が、驚くほど安くなっている場合があります。

 

全国規模のお店では、

特価品や数量限定のセール品をチェックすると良いです。

 

事前にセール情報等、チラシも確認しておくとスムーズですし、

今はインターネットやアプリなどでも情報を確認できますからね☆

 

ワゴン、在庫処分品を探す

 

ホームセンターは、基本的に現金商売らしく、

商品を回転させるタイミングも早いです。

 

という事は、新商品を出す前に旧商品を売るので、

処分品も必然的に増えてきます。

 

home-center03

「在庫限り」「在庫処分品」等は、確実にチェックしておきましょう。

 

また、家電量販店では既に在庫がない商品や、

アマゾンでもライバルが減少し、

値が上がってきている商品などが、

ホームセンターに行くと以外と見つかることも多いです。

 

見たことない商品だな・・・と思って見てみると、

少し古い型で人気のある商品だったなんていう事もあります。

 

メーカーや商品ジャンルを絞る

 

ホームセンターに置いてある商品は多種多様です。

 

なんでもかんでも見ていたら、それこそ1日がかりですし、

おそらくそうなる前に、心が折れて店舗せどり自体が嫌になります(笑)

 

その為、ホームセンターに仕入れに行く際は、

ある程度、人気のメーカーや商材を抑えておきましょう。

 

メーカーは、

 

・パナソニック

・サーモス

・アイリスオーヤマ

・ティファール

・象印

・山善

・コロナ

・三栄

・東芝

・三菱

・TDK

 

等々。

 

ジャンルは、

 

・日用品、生活雑貨

・季節用品

・工具

・ペット用品

・キッチン・清掃用品

・家電全般

 

ぐらいをチェックしておけば良いと思います。

 

POPの見方を抑える

 

各ショップによって結構違いがありますので、

基本的なところで言うと…

 

・手書きPOP

home-center04

 

・二重張りのPOP

DSC02795

 

・赤シールや赤札等、何かしろの印があるPOP

DSC02787

この3点に注目して見ていくと良いと思います。

 

ちなみに、イオンなどでもよく見る、この赤丸シール

廃盤商品や処分品等につけられていることが多く、

「店舗側がもうすぐ値下げする商品」もしくは

「既に値下げしている商品」である可能性が高いです。

 

ホームセンターで実際に仕入れた商品!

 

1

 

■TWINBIRD 2電源式コンパクト電子保冷保温ボックス

・仕入値:5400円

・売値:12500円

・利益:5575円

 

 

2

 

■日本電興 屋外用トイレファン先端型ひまわり

・仕入値:1080円

・売値:2350円

・利益:570円

 

 

3

 

■三栄水栓 【洗濯機用水栓取り付け金具】洗濯機用L型ニップル

・仕入値:324円

・売値:1334円

・利益:460円

 

 

4

 

■象印 直飲みステンレスクールボトル 2.06L ストロングブルー

・仕入値:1620円

・売値:3650円

・利益:1243円

 

まずは、国内転売の基本中の基本をゼロからマスターしたい場合

amazon-sedrori-daizen

松川自身が書いた書籍ですが、基本中の基本をまとめています(上図をクリック)

敢えて店舗せどりの記事に集約し、重要なことに絞って書いたので、

感じ方は人それぞれですが、少なからずお役に立てると思っています。

 

 

まとめ

 

さて、ここまでざっと見てきてどうでしょうか?

 

このように、紹介してきたジャンルやメーカー、

また、商品を具体的にして見てみると、

ホームセンターでも店舗仕入れが出来そうじゃないですか?

 

まず、やることとしては身近なホームセンターに、

人気メーカーの紹介したジャンルの商材が置いてあるかをチェックし、

定期的にセール情報と値付の確認を行っていと、

少しずつその店舗のパターンが分かると思います。

 

ジャンルや商品点数が多いだけで、

初心者には難しく感じますが、(私も最初はそうでした)

経験がついていくと、見るポイントを抑えるだけで

驚くほど大量に仕入れが出来たりするので、

 

是非ホームセンターせどりをマスターして頂ければと思います☆

 

見方が分かったら、2回、3回で諦めず、定期的にチェックすることですよ!

 

それでは、本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

マックスフルネス

松川 和憲

 

 




Information

◆土曜限定開催:無料相談会のお知らせ

【副業や事業としてAmazon転売に参入したい個人向け無料面談】

Amazon転売参入後、3か月で脱サラし、その3か月後に月商200万円の生徒K氏を輩出したマックスフルネス松川が対面形式という形で【1か月一名様限定】で無料面談を実施致します。

対象は、サラリーマンや個人事業主様で月5~15万円の利益を達成するためのノウハウや運営方法を答えられる範囲で答えてゆきます。

独立支援コース以上の方につきましては、月商レベルで最低でも85~100万円以上達成し、事業拡大に伴い1500~2000万円程度の融資(年利2~3%)を受けられるレベルまで指導することが可能です。

Amazon転売に対して真剣な人に限り毎月実施しているのと、無料ということもありまして、テキストによる事前審査もさせていただきます。

審査に通過されたクライアント様は、必ず質問事項ご持参の上、ご参加いただく流れとなります。

全国から福岡へお越しにくるクライアント様もいますが、2016年4月度よりスカイプや電話による面談を受け付けることが可能となりましたので、ご承知置きいただければと思います。

※現在は、5割の方が審査を通過しております。

●福岡限定開催 毎月1名様限定 ※厳選したいので、審査を必ずします。

【日時・締切日】
2016年12月11日(日)13時~(12月7日に募集締め切り)
2016年12月23日(祝)13時~(12月19日に募集締め切り)

※コンサル生は定員になり次第、募集は一切致しません

【面談場所】福岡市内の某ホテル
【参加料金】お茶代のみご負担下さい。
【対象者】稼いで真剣に生活レベルを向上させたい人のみ

お問い合わせはコチラ


●2017年度セミナー開催予定 毎月10名規模で実施予定




楽しめた or お役に立てましたらポチッとクリックをお願いします。 →

nihon

topbanner

3 Responses to “ホームセンターでせどりはできる?ミスターマックスで上手に仕入れる方法”

  1. sakai より:

    お世話になっております。
    せどりの同行のみ頼むことは出来ますか?

  2. yutahino より:

    ホームセンター転売に関して、日本の工具・農具・調理用具等は作りが良く、外国の人にウケがいいので(例:包丁等)、輸出に使える側面はありますか??

    • 松川 和憲 より:

      もちろんありますよ^^
      しかし、輸出に限ってではないですが、まずは売れている商品のリサーチですね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ