mail_matsu

比較!Amazonの国内転売と中国輸入転売の違い

こんにちわ!マックスフルネスの松川です。

 

最近、アマゾンの輸入転売のお問い合わせを多くいただくのですが、

私は主に国内転売をしています(笑)

 

輸入転売と国内転売はどちらもアマゾンの転売に変わりはないのですが、

 

それぞれやり方やメリットデメリットがかなり異なっていて、

 

この点については前々からはっきりさせるべきだと思っていたので、

今日はアマゾンの輸入転売と国内転売の違いについて、

説明していきたいと思います。

 

アマゾンの輸入転売の特徴(メリット)

 

まずは輸入転売ですが、アマゾンの輸入先のメインは中国市場で、

義烏(イーウー)、アリババ、タオパオなどから仕入れることが多く、

人によってはタイや韓国などでも買い付けをしている人がいます。

 

タオパオ

taopa

 

アリババ(中国)

alibaba

 

義鳥 福田市場

fukuda-market

 

輸入転売は、一般的に、為替の値動きが非常に影響してくるのですが、

円高のタイミングを狙うことが重要になってきます。

 

しかし、中国経済も近年急成長して、人民元高とはいえ、

南方の中国を中心に、まだまだ格安で仕入れることは可能です。

 

在宅で転売できる

 

輸入転売というと、わざわざ海外まで仕入れに行かなくてはいけないのか

と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

 

初めはネットだけで仕入れてネットで売ることが可能ですし、

つまり在宅でできるわけです。

 

むしろ、在宅でどれだけリサーチに時間をかけるか、

ということが重要になってくるだけで、必ずしも店舗へ買い付けに行く必要はありません。

 

輸入事業を大きくする人は、現地視察に行く場合があると思います。

 

 

OEMも可能

 

中国転売を中心に、事業を大きくする場合、

メーカーから直接仕入れられる事も可能なのですが、

 

その商品をOEMにして販売することも可能ということです。

 

OEMとは、自分だけの商品を

独自にブランド化して、売ることを言います。

 

日本で独自ブランド化するのは、高いコストが必要ですが、

広州では、数万円程度で製造できてしまいます。

 

そして、弁護士に依頼して、商標権を取得し、

当ブランド価値を高めていけばかなり利益率の高い商品と

なってくれるでしょう

 

最近は、アマゾンだけに依存しないように、

独自ネットショップで販売している事業者も増えています。

 

品質の問題は避けられない

 

日本では商品の輸送に関するトラブルは

めったにありませんが、同じような感覚で輸入すると、

正直驚くかもしれません。

 

そう、中国転売では、海外から仕入れた商品が、

そもそも破損していたり、

説明よりも悪いものだったりすることが多くあります。

 

そのため折角2週間かけて取り寄せた商品を

また送り返すなんてこともしばしば。

 

この点は、中国転売をする上で、許容範囲にしないとですね!

 

仕入れに時間がかかる

 

海外からモノを仕入れる場合は、

大体商品が日本に到着するまで10日~2週間ほどかかります。

 

ですので発注→仕入れ→販売→発送という1連の流れの中で、

仕入れの部分が時間を食うために、

 

商品の回転スピードが国内転売に比べて遅くなり、

当然お金が手元に入るまでの時間も長くなり、回転率も低下します。

 

コミニケーション力の問題

 

仕入先の国の言語をある程度理解することは必要で、

もちろん、中国語はできた方が絶対よいでしょう。

 

しかし、最近はグーグルの翻訳サイトなどを利用して取引ができたりするので、

全く恐れる必要はありません。

 

ただ仕入先の国の商売の感覚が日本と異なる事はよくありますので、

商習慣や旧正月などの価値観の違いからストレスを感じることがありますが、

この点は忍耐力が必要になってきます。

 

アマゾンの国内転売の特徴(メリット)

 

国内転売の場合は輸入に比べて仕入れのリスクが低く、

仕入れの部分で問題がおきる事はほとんどありません。

 

たまに、家電が正常に稼働しなくて、お店に返品しますが、

電話して最短で1日でお金が戻ってきたりします。

 

また仕入れ先も日本の企業なので、

通常のビジネスマナーを持ってすれば、

トラブルが起きることも少ないでしょう。

 

ここでは国内転売のメリットを中心にもう少し

詳しく見ていきます。

 

副業から事業展開ができる

 

国内転売の場合は、在宅で商品をネットで仕入れるよりも、

外に出て足を動かして商品を仕入れる、店舗仕入れをする方が、

事業効率、生産性があがります。

 

ビジネスのチャンスも多く感じれるシーンがあるので、

サラリーマンの副業としてスタートさせて、

そのまま事業展開する転売屋は今日非常に多いです。

 

お陰様で私も参入3か月で脱サラできました。

 

コストが抑えられる

 

仕入れが国内の物流網で済むので、

海外からの輸入に比べて、

輸送コストが抑えられます。

 

またコミニケーションロスもないので、

コミニケーションの問題による時間消失や、

労力も抑えることができます。

 

 

輸入転売に比べ、ライバルが多い

 

国内転売は始めようと思えば誰でも簡単に始められるため、

その分ライバルが非常に多くなります。

 

輸入転売は、中国コミュ二ケーション、不慣れな商習慣も重なり、

途中で離脱する人も多いですが、

 

一方で国内転売は、慣れてしまえば、誰でも簡単に商品を見つけられることから、

価格競争になりやすく、ライバルが多数存在し続けています。

 

そのため、ネットだけで仕入れ商品の情報を探すだけではなく、

実際に外に出て店舗を周り、ネットでは仕入れられないような

CD、DVD、ゲームなどの商品をうまく見つけることが重要になります。

 

また、松川の得意とする中古転売に特化する必要もあるでしょう。

 

国内の中古市場は、値崩れも起きにくく、ライバルも新品に比べ多くないです。

 

足で稼ぐため、非効率になる場合も…

 

最短でその日仕入れて、翌日FBA倉庫に納品できるとは言え、

国内転売は、基本的にブックオフやハードオフ、ホームセンター

家電ならヨドバシカメラ、ジョーシン電機、ヤマダ電機などへ足を運ばなくてはなりません。

 

サラリーマンなら、仕事終わりに寄り道をして、

店舗内をじっくり回って商品を探すため、完全在宅の輸入転売より、

時間がかかってしまう場合もあります。

 

輸入転売に向いている場合

 

輸入転売も国内転売も、どちらもメリットやデメリット、

そして向き不向きがあると思いますが、

 

輸入転売に向いている人は、

 

  • 店舗仕入れに抵抗がある人
  • 手数料がかかっても在宅で転売をしたい人
  • 英語・中国にストレスを感じない人
  • ライバルと差をつけたい人

 

で、さらに東日本大震災時のような1ドル80円台の円高時

に輸入転売するのが理想的です。

 

また円高だった時に、

中国市場から良い情報を仕入れられるコネクションがあり、

中国企業とOEM契約できた転売屋は現在、輸入転売で成功している傾向にあります。

 

最近、マイナス金利を導入した日本銀行曰く、1ドル115円が、

最適な国際レートと言われているので、

 

よほどの仕入れ先がない限り、輸入転売に積極的に参入する勇気が

個人的には持てないですね。

 

国内転売に向いている場合

 

逆に国内転売に向いている人の例をあげると、

 

  • 2週間以内に即金を得たい人
  • 円安や円高に影響されるのが嫌な人
  • 外国語がとにかく嫌いで苦手な人
  • 完全な転売初心者

 

などでしょう。

 

すぐに売り上げが7桁欲しい人や、資金繰りに困っていて、

すぐに仕入れて、すぐに売りたい!というスピード重視の型は、

確実に国内転売をおススメはしておきます。

 

 

まとめ

 

アマゾンの輸入転売と国内転売のどちらがよいか悪かは別として、

 

それぞれの特徴、メリット・デメリットを考えながら、

自分の性格との向き不向きを考えて、

選択できるとよいでしょう。

 

要するに、

好き嫌いでもあるし、きっかけを与えてくれる紹介者によって、

ここは別れると思っています。

 

利益が出るか出ないかは、商品と手数料などのコストによるので、

一概にどちらが優れているは言い切れないと思います。

 

個人的な見解としては、

国内転売の方が、手数料が国内配送に限定されるのと

種類が少ないので、初心者におすすめです。

 

一方で、輸入転売につきまとう、

代行業者手数料、国際送料、さらに商品によって関税がかかってしまいますね。

 

それでも、時期や中国商品によって

輸入転売をせざる負えない時期といのうはあると思っています。

 

最近の流れとしてそれほど勉強してないであろう人たちが、

ブームのように、転売するなら中国市場だ、

という風潮が見受けられますが、それもどうかな~と思っています。

 

ブームや流行では決められないですよね(笑)

 

また輸入転売も国内転売も、

ネットでの仕入れだけで完結させることは可能ですが、

 

お客様に商品を売る以上、

自分で実際の商品を見て触って確かめることが大切です。

 

輸入転売をしようか国内転売をしようが、

お客様第一に、コンディションにウソをつかず、アマゾン転売できることが大切なことですね。

 

 

本日も最後までお読み頂きありがとうございます。

 

 

マックスフルネス

松川 和憲




Information

◆土曜限定開催:無料相談会のお知らせ

【副業や事業としてAmazon転売に参入したい個人向け無料面談】

Amazon転売参入後、3か月で脱サラし、その3か月後に月商200万円の生徒K氏を輩出したマックスフルネス松川が対面形式という形で【1か月一名様限定】で無料面談を実施致します。

対象は、サラリーマンや個人事業主様で月5~15万円の利益を達成するためのノウハウや運営方法を答えられる範囲で答えてゆきます。

独立支援コース以上の方につきましては、月商レベルで最低でも85~100万円以上達成し、事業拡大に伴い1500~2000万円程度の融資(年利2~3%)を受けられるレベルまで指導することが可能です。

Amazon転売に対して真剣な人に限り毎月実施しているのと、無料ということもありまして、テキストによる事前審査もさせていただきます。

審査に通過されたクライアント様は、必ず質問事項ご持参の上、ご参加いただく流れとなります。

全国から福岡へお越しにくるクライアント様もいますが、2016年4月度よりスカイプや電話による面談を受け付けることが可能となりましたので、ご承知置きいただければと思います。

※現在は、5割の方が審査を通過しております。

●福岡限定開催 毎月1名様限定 ※厳選したいので、審査を必ずします。

【日時・締切日】
2016年12月11日(日)13時~(12月7日に募集締め切り)
2016年12月23日(祝)13時~(12月19日に募集締め切り)

※コンサル生は定員になり次第、募集は一切致しません

【面談場所】福岡市内の某ホテル
【参加料金】お茶代のみご負担下さい。
【対象者】稼いで真剣に生活レベルを向上させたい人のみ

お問い合わせはコチラ


●2017年度セミナー開催予定 毎月10名規模で実施予定




楽しめた or お役に立てましたらポチッとクリックをお願いします。 →

nihon

topbanner

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ