mail_matsu

Amazonの価格設定ツールを無料で使って価格調整してみた結果・・・

こんにちは!

Amazon転売専門家のマックスフルネス松川和憲です。

 

仕入れや納品を1人で行っている場合、

ただでさえ仕入れや納品だけでも時間がかかってしまうのに、

 

「価格調整なんていちいちしていられないし面倒臭い!」

という方も多いのではないでしょうか?

 

2016年8月より、アマゾンセラーセントラルの新機能として

自動価格設定機能が使えるようになったのはご存知ですか?

 

以前では、自動的に価格調整を行うには有料ソフトを契約しなければならず、

便利なものの、少し高めの費用がかかっていたり、

ツールを導入したものの、使い方が分からずに

金額以上の使いこなしが出来ていない人もいると思います。

 

そこで今回は、

アマゾンで使える便利な価格設定ツールを紹介して行きたいと思います。

 

無料で大幅な効率アップが期待できる為、

これまで、手動でちょこちょこいじっていた方は特に必見ですね^^

 

どうして、自動で価格設定をするべきか?

理由1:販売機会の損失を防ぎ、売上アップを目指すため

 

「自動の価格設定ツール」を使うと、多数の商品の価格を全て同時に調整できる為、

時間をかけて商品を1つずつ調整したり改定する必要はありません。

 

何より、自動で価格設定をするメリットは、常にカートボックス価格に設定できるので、

販売している商品の相場が変動して、安くなっていた場合は特に、

 

ライバルのセラーの中に自分自身の商品が紛れてしまっていて、

カートボックスが取得できていないので、

 

お客様に自分の商品を購入されにくいという状況になっています。

 

つまり、折角の人気商品も売る機会を逃してしまい、

販売機会の損失をしているということになるのです。

 

理由2:価格設定のミスを防ぐため

 

転売屋同士で飲み会をするとよく聞くのが、

価格設定のミスです。私の知り合いの転売者は、

5万円のタブレットを5000円で販売してしまったことがあり、それだけで赤字計上でした(笑)

そのタブレットは、あっさり刈り取りされてしまったそうです…

 

話をよく聞いてみると、手動で価格調整をしていたので、

やっぱりなと思いましたね。

 

このようなミスを防ぐためにも価格設定ツールは、使うべきだと確信しています。

 

●Amazon発!価格設定ツールの特徴と概要

 

 

アマゾンのFBA価格設定ツールの特徴や概要はアマゾン公式の動画で

紹介しているので、是非チェックしてみてください。

 

動画を見てから、記事の内容を読むのと

まったく見ないで、読むのとは全然理解度が違うと思いますので、勉強をしておきましょう!

 

アマゾンの価格設定ツールは、

アマゾンのセラー画面で全てを行うことが出来るので、別にソフトを立ち上げる必要はありません

 

また、商品も1商品毎に設定ができるので、

自動価格を設定したい商品と手動で価格設定をしたい商品と分けて管理することが可能です。

 

もちろん、自動で全てをお任せというわけではなく、

上限、下限と金額を設定してそれ以上の自動変更を避けたり、

 

FBAや自己出品者と価格を合わせるのかや、

アマゾンが自社在庫を販売をしている際には自動価格設定を避けたりなど、

 

状況に応じて、シンプルですが十分な設定を決めることが可能になっています。

 

価格設定ツールを使う5つのメリット

瞬時に値段の調整がされる!

 

価格設定のルールを決めることによって、

ショッピングカートボックス価格最低価格の変更などがあったときに

価格を自動的に変更するように設定ができます。

 

24時間寝てても遊んでいても何をしていようが、

アマゾンが自動的に価格を変更してくれているので手間がかかりません。

 

それも、自動価格の設定ツールの機能は全て無料でできますからね♪

 

手動でライバルの最安値やカート価格に合わせて価格改定を行っていると、

どうしてもセラー画面やアマゾン商品ページを見ていない時間が出てきますね。

 

そのようなライバルとの価格競争にタイムラグが発生してしまい、

気付いた時にはカート取得から大幅に遠のいてしまうなどの心配もありません。

 

価格競争に負けない!

 

状況に合わせて価格を迅速に

変更できれば商品への注目度を高めることができます。

 

カートボックスに常に表示されているのと、されていないのでは

売れ行きが全く違います。

 

Amazon転売で新品商品の売上を上げることにおいては、

カートボックスを獲得できるかどうかに8割以上がかかってますからね。

 

お客様は、新品商品の場合、

カートボックスに表示されている店舗の商品をカートに入れるという行動しかしていないので、

他のセラーに自分の商品が埋もれている場合と比べて

売れやすさが違うのはお分かりいただけると思います。

 

何よりアマゾンでは、新品商品は特に安さでしか勝負できないことが多く、

販売の場面では、カートボックス取得の重要性が何より重要ですね。

 

ルールを設定できる!

 

価格が自動設定された商品の過去30日間の価格変更を確認したり

ルールを更新、保留、削除したりできます。

 

設定できるルールは全部で3つです。

 

①ショッピングカートボックス価格よりも、指定金額分低い価格を維持

 

「金額」と「%」の二つを設定できます。

 

金額を100円にした場合、カートボックスが4000円だとすると、

価格調整後は3900円で設定されます。

 

この設定は、ライバルより常にいくらか価格を下げる設定を行って、

最安値を取っていく設定です。

 

②ショッピングカートボックス価格と同じ

 

ショッピングカートボックス価格と同じ価格に調整されるので、

ライバルが最安値に設定した価格、

または、カートボックスとして設定されている価格と同じにできます。

 

正確な販売価格は、商品によっても異なりますが、

最安値から数百円から数千円ほどの幅があります。

(アマゾンからはカートボックスの明確な基準は公開されていません)

 

この設定は、カートボックスを取りに行く設定です。

 

③ショッピングカートボックス価格よりも、指定金額分高い価格を維持

 

これも同じように、「金額」「%」の二つを設定できます。

金額を「100円」にした場合、カートボックスが「4000円」だと価格調整後は「4100円」になります。

 

カート価格より、ちょっと高めの金額にしていく設定です。

 

必ずしも最安値の販売価格でカートを取れるわけではなく、

アカウント健全性や、販売個数、在庫数なども加味されるので、

 

ライバルより高値で売りつつも、アカートを狙っていきたい方にオススメです。

 

Amazonの価格設定ツールで効率化できる!

 

価格設定の判断を行わずに、こまめにライバルの価格をチェックする必要もないので、

価格設定を自動化でき、 他の業務に専念できるようになります。

 

本業が忙しいサラリーマンでも、仕事終わりで疲れている状態で

手動で価格調整をする必要もありません。

 

働いている間でも価格調整をしてくれるので、

売上が比較的ラクに上がりやすくなる可能性が出てきます。

 

副業で行っていて時間がない人にはとても有難いツールですね♪

 

また、専業でせどりを行っている人は、

費用0で、更に売上や収入を伸ばすチャンスなので、使わない手はないかと思います。

 

無料で利用できる!

 

今後は有料になる可能性もありますが

現時点で無料で使用が可能です。

 

他のツールでは、別の機能もあるため、

月額数千円程払う必要があったのですが、

 

アマゾンの自動価格調整は、価格調整だけに特化していて、

無料で使えるので、今のうちにどんどん使っていくことをオススメします^^

 

利益を伸ばすのも大事ですが、

出費を抑えるのも収入を上げることと同じなので、積極的に活用しましょう!

 

デメリット

設定ルールを決めるのが初心者に難しい

 

慣れていないと、安ければ売れるだろう!

といった考えで、安易に安売りしてしまったい、

 

とりあえずこのくらいにしておこうといった具合で

本来取れる利益を減らしている可能性があるので、

 

慣れないうちは、師匠やコーチなどがいれば、

商品の販売価格相場をしっかり聞きながら設定をすることをオススメします。

 

これでもAmazonの販売価格設定ツールは

シンプルで分かり易いほうなので、早く慣れてしまいましょう!

 

安売りして利益を減らしてしまうことも…

 

価格調整機能は大変便利なのですが、

自動な分、想定していた価格よりも安く売れてしまい、

利益率が低下してしまったりすることもあります。

 

しっかり販売価格の下限値も設定して、

赤字になっていたなんてことは絶対に避けましょう。

 

あまりカートを意識しすぎて、

ツールで価格競争を始めてしまっては元も子もないですからね^^;

 

ルールを変更する必要があること

 

商品ごとルールを変更する必要が出てきます。

 

TVやネットで話題になった商品等で、一気に人気が上がり、

商品が飛ぶように売れていったものの、

 

その後その商品はプレミア価格になっている…なんてことも多々あります。

 

そんな場合に設定を変えなかったとしたら、

定価付近で価格が設定されてしまうので、売れるのは売れたが

プレミアム価格で売っていれば、もっと儲かったということにもなってしまいます。

 

プレミアム価格とは逆に出品者が増える等の理由で価格崩壊が起きた場合、

赤字にならないように下限を設定していると、商品が売れずに残ってしまいます。

 

赤字にはならなかったものの、在庫としてしばらく残ってしまい、

結局は商品の値段が以前の値段に戻らずに、結局赤字で売ることになる場合もありますね。

 

上記のような状況もあるので、

ルールを常に見直して必要に応じて変更していく必要が出てきます。

 

実際に価格の自動設定機能を使ってみた!

 

2016-10-07_15h42_49

アマゾンセラーセントラルにログインし、

トップ画面の下にある 価格の自動設定をクリックします。

 

2016-10-07_15h43_37

価格設定ルールを新規作成をクリックします。

 

2016-10-07_15h44_27

①ルール名を決めておきます。

今回は新品商品を設定するので、新品商品という名前にしています。

 

②比較対象の価格を設定できます。

最低価格とショッピングカートボックス価格の二つです。

最低価格にしてしまうと、自己発送のライバルや初心者セラーの相場無視な値段にしまってしまうので注意しましょう。

 

③ショッピングカートボックス価格と同じで設定をしてみます。

 

④はASINとコンディションが同じすべての商品を設定にします。

 

 

2016-10-07_

 

出品価格の下限と上限を設定します。

下限は仕入れ値に近い値段にしておくのがおすすめです。

 

仕入れ値と同じ値段にしてしまうと、手数料を引いたら、

赤字ということもあるので計算しておきましょう。

 

上限は現在の新品価格よりも高くしておくのですが、

商品は何が理由で上昇するかわかりません。

 

大抵の場合、廃盤商品で、

新品在庫が少なくなったりするのが価格上昇の理由です。

 

例としてNEXUS7の場合、

ライバルが減ってショッピングカートボックス価格が上昇する可能性もあります。

 

現在29,000円がショッピングカートボックス価格としたら、

37000円~40000円といった具合に余裕をもって高く設定をしておくと、

いざ販売価格が上がった場合でも、価格変更をしっかりしてくれます。

 

ただし、高すぎても、お客様は買ってくれないので、注意したいですね。

 

2016-10-07_15h48_09

値段を設定していき、価格の自動設定を開始をクリックすると

表示が変更され、今後自動設定されるようになります。

 

理想的な設定方法とは?

 

新品の商品の場合は価格競争になってしまい値下がりしてしまうリスクを考えて

私はショッピングカートボックス価格と同じ設定をしていくのが好ましいと思います。

 

ショッピングカートボックス価格にしていれば、必然的にトップページに表示され

売れていきますし、わざわざ最安値を取りに行く必要もないと考えています。

 

もし、最安値よりいくらか安い金額で設定していった場合、

ライバルも同じことを考えて設定していた際に、どんどん販売価格が下落していきます。

 

また、相場を無視したセラーが登場した場合に

その値段に設定されてしまい、利益が出ないといった状況に陥らずに済みます。

 

モノレートでチェックするとわかりますが、ずっと同じ値段で売れている商品を

自分からわざわざ売れない商品に仕立てる必要はありませんからね^^;

 

ツール利用時の注意点

 

自動で価格を設定してくれる便利なツールですが、

便利なものほど、ちゃんと調べた上で知識をもって、使用していただきたいと思います。

 

特に設定ミスで、変に安くしてしまったりすることも、

もしかしたらあるかもしれません。

 

せっかく仕入れた商品をわざわざ自ら赤字にしていく必要はないので、

設定した価格はしっかりチェックしていきましょう!

 

まとめ

 

売上が上がってくると必然的に取り扱う商品の種類も増えているはずです。

 

それに伴って、手動価格調整の手間が増えていくのですが、

ツールを使うことで、手間を減らしていけます。

 

今回紹介したアマゾンの価格の自動設定機能もその一つです。

 

特に始めたばかりの方は、ずっと働いてきたので、

やれることは、なんでも自分でやってしまいがちですが

 

売上の規模を上げていくと、自分の手だけでは間に合わなくなってくるので、

自動化していくこともとても大切なことです。。

 

仕入れは自分でやり、納品は代行をしてもらったり、

さらには、仕入れも任せてしまい、国内転売自体を自動化をしていったりと、

ビジネスだからこそ、できるものも多いです。

 

便利なツールを活用して、手間を減らしつつ、思い出作りや

昔からやりたかった事を実現していただければと思います。

 




Information

◆土曜限定開催:無料相談会のお知らせ

【副業や事業としてAmazon転売に参入したい個人向け無料面談】

Amazon転売参入後、3か月で脱サラし、その3か月後に月商200万円の生徒K氏を輩出したマックスフルネス松川が対面形式という形で【1か月一名様限定】で無料面談を実施致します。

対象は、サラリーマンや個人事業主様で月5~15万円の利益を達成するためのノウハウや運営方法を答えられる範囲で答えてゆきます。

独立支援コース以上の方につきましては、月商レベルで最低でも85~100万円以上達成し、事業拡大に伴い1500~2000万円程度の融資(年利2~3%)を受けられるレベルまで指導することが可能です。

Amazon転売に対して真剣な人に限り毎月実施しているのと、無料ということもありまして、テキストによる事前審査もさせていただきます。

審査に通過されたクライアント様は、必ず質問事項ご持参の上、ご参加いただく流れとなります。

全国から福岡へお越しにくるクライアント様もいますが、2016年4月度よりスカイプや電話による面談を受け付けることが可能となりましたので、ご承知置きいただければと思います。

※現在は、5割の方が審査を通過しております。

●福岡限定開催 毎月1名様限定 ※厳選したいので、審査を必ずします。

【日時・締切日】
2016年12月11日(日)13時~(12月7日に募集締め切り)
2016年12月23日(祝)13時~(12月19日に募集締め切り)

※コンサル生は定員になり次第、募集は一切致しません

【面談場所】福岡市内の某ホテル
【参加料金】お茶代のみご負担下さい。
【対象者】稼いで真剣に生活レベルを向上させたい人のみ

お問い合わせはコチラ


●2017年度セミナー開催予定 毎月10名規模で実施予定




楽しめた or お役に立てましたらポチッとクリックをお願いします。 →

nihon

topbanner

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ