mail_matsu

『DIME 2月号(2017年)』に松川が紹介されました!掲載いただきとても感謝です。

こんにちわ!

アマゾン転売専門家のマックスフルネス松川和憲です。

 

先月は扶桑社のYen SPA!に続き、

小学館からの取材も同時に入り、快く引き受けさせて頂いていました^^

 

小学館とは、ドラエモン、名探偵コナン、

ポケモンを使ったジュニア文庫、知育、絵本などを手掛け、

サンデー、コロコロコミック、女性セブン、

週刊ポスト、サライ、DIMEなどの雑誌を出版している、かなり有名な出版社です。

 

小学館は幅広い分野をテーマに、様々な情報を世に送り出しているわけですが、

松川に取材連絡が来たときは、一瞬「マジか?」と思ってしまいました。笑

 

扶桑社もそうですが、小学館もそれぐらい大手の企業なわけで

ちなみに、今回松川が掲載されることになった雑誌は「DIME 2月号」でした~^^

 

DIMEとは、20~30代の若いサラリーマンをターゲットにした月刊誌ですが、

トレンドや旬のテーマを幅広く扱い、ビジネスや生活に役立つ情報が満載の情報誌ですね。

 

クレジットカードの裏ワザや、電子機器のトレンドに関する特集なども多くみます。

 

今回の掲載は

『賢い買い方・得する買い方』番外編ということで、副業アドバイザーとして掲載されています^^

 

掲載はA4ページの6分の1ほどでしたが、

しっかり松川の仕入れ術が、お得な買い物術として紹介されています。笑

 

もちろん、こちらから取材をお願いしたわけでもないし、

DIMEのような素晴らしい雑誌に掲載して頂けるだけでもありがたい話なので、とても感謝しています!

 

と言うより、今回の取材のテーマがAmazon転売は一切関係ないということがポイントなのですが、

 

ただ自分のビジネスを紹介したり、稼ぎ方を紹介するのではなく、

モノを安く買うという視点で、Amazon転売のスキルの一部が、世の中の役に立つ情報と見られたのがとても嬉しかったです!

 

前から言ってはいましたが、

せどりのスキルを身につけることが出切れば、本当に買い物上手になりますからね。

 

逆に、普通に買い物している人を見て勿体無いと思うぐらいです^^;

 

買い物上手になって、

その分毎年5万、10万でも貯金できるだけで、せどりのスキルを身につける価値は十分にあるかと思います^^

 

ただ、それだけでは満足がいかず、

せどりで稼いでみたいという方は、メルマガでも色んな情報を配信していますので、興味があれば登録してみてくださいね♪




Information

◆土日限定開催:無料相談会のお知らせ

【副業や事業としてAmazon転売に参入したい個人向け無料面談】

Amazon転売参入後、3か月で脱サラし、その3か月後に月商200万円の生徒K氏を輩出したマックスフルネス松川が対面形式という形で【1か月一名様限定】で無料面談を実施致します。

対象は、サラリーマンや個人事業主様で月5~15万円の利益を達成するためのノウハウや運営方法を答えられる範囲で答えてゆきます。

独立支援コース以上の方につきましては、月商レベルで最低でも85~100万円以上達成し、事業拡大に伴い1500~2000万円程度の融資(年利2~3%)を受けられるレベルまで指導することが可能です。

Amazon転売に対して真剣な人に限り毎月実施しているのと、無料ということもありまして、テキストによる事前審査もさせていただきます。

審査に通過されたクライアント様は、必ず質問事項ご持参の上、ご参加いただく流れとなります。

全国から福岡へお越しにくるクライアント様もいますが、2016年4月度よりスカイプや電話による面談を受け付けることが可能となりましたので、ご承知置きいただければと思います。

※現在は、5割の方が審査を通過しております。

●福岡限定開催 毎月1名様限定 ※厳選したいので、審査を必ずします。

【日時・締切日】
2017年10月15日(日)13時~(10月12日に募集締め切り)

※コンサル生は定員になり次第、募集は一切致しません

【面談場所】福岡市内の某ホテル
【参加料金】お茶代のみご負担下さい。
【対象者】稼いで真剣に生活レベルを向上させたい人のみ

お問い合わせはコチラ


2017年10月28日シークレットセミナー開催
福岡限定開催10名募集!エントリー受付中!






nihon

topbanner

公式LINEでは、「0円仕入れの転売ノウハウ」を紹介しています!



期間限定!今の会社を続けながら副業せどりで月30万円稼ぐ為のセミナー



コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ