mail_matsu

感動の対面!?富士山からの御来光を見に行ってきました!

こんにちわ!

Amazon転売せどり大全”著者の松川和憲です。

 

今年の夏は、前々から計画していた

富士山への登頂と、富士山からの御来光を見るという目的を果たしに行ってきました。

 

趣味で、近隣の山等には

ちょくちょく登ることも多いですが、

 

富士山の標高は3776mという高さで

当然今まで登ってきた山とは違うわけで、

富士山に登る為の準備等も気合入れて行ってきましたが、

 

まぁ相当ハードでしたね…^^;

 

そこで今回は、

その富士山の登頂から下山までの実際の様子と共に、

登山するにあたって気付いたことなどをまとめてみましたので、よろしければ参考にしてみてください^^

 

富士山に登る為の準備

富士山に登るには、

まずは準備物をしっかり抑えておきましょう。

 

富士山登山初心者なりに

忘れがちだけど重要だと感じたものにまとめます。

 

服装

  • インナー(吸水・速乾性の高いモノをできれば2枚)
  • レインコート
  • レインカバーブーツ(雨対策)
  • 手袋(防水)
  • 防寒着
  • 帽子(暑さ対策)

 

富士山を登山する際の服装については、

雨が降ったり、御来光待ちする際の頂上は絶対に寒いので、

服装が一番難しいですが、両方に備えて準備しておくことがとても重要ですね!

 

持ち物

  • 頭痛薬
  • 水は”いろはす”(富士山はゴミが捨てれないので、飲み終えた後にコンパクトに収納できる)
  • 防水スプレー(雨対策)
  • ザックカバー(雨対策)
  • ヘッドランプ(御来光を目指す人)
  • 大き目のビニール袋数枚(ザックカバーをして、防水スプレーをしても、雨が降ると、湿度も上がりザックの中は濡れたりします。濡れたくないモノはビニールに入れておいたり、外で座る時の敷物にもなったり、万能に使えます)

 

私はその他にも酸素缶などを持っていき、

結局使いませんでしたが、不安な方は持っておくと心強いかもです!

 

富士山を登山する為には、

富士山の天気をしっかり調べることも重要になってきます。

 

天気次第で暑さの地獄になるのか、

寒さの地獄になるのかガラっと変わるからですね^^;

 

どちらにしても、富士山の天気は変わりやすいので、

どちらの状態になっても良いように、フル装備でいくことをオススメします。

 

ちなみに、登山用の準備物に不安がある方は、

富士山のふもとの駅周辺で、

登山グッズをレンタルすることもできるので、上手く活用すると良いと思います^^

 

富士山の天候が”快晴”

ということもなかなか少ないので、期待はしていませんでしたが…

 

あいにく、雨がひどく降り続いている感じでした^^;

 

富士山の山小屋の予約はお早めに

この時期は、お盆シーズンで

登山客も多いので、山小屋の予約も事前に取れず。

 

人気ルートは、4月1日に予約受付が始まり

4月1日には受付終了している山小屋もあるそうです^^;

 

七合目以降の山小屋に

キャンセルで空きが出てないかを確認しまくる知人だが、ことごとく空きがない状態。

 

彼は、毎年この時期に必ず富士山に来る熟練者ですが、

こんなパターンも滅多にないそう。

 

ちなみに、今回の富士山のルートは

吉田ルートを登り、御殿場ルートを下るというルートで行ってきました。

 

■吉田ルート(今回は登山時に利用)

  • 出発地:富士スバルライン五合目(標高2305m)
  • 標高差:約1450m
  • 往復の距離:約14km
  • 所要時間:登り:6時間10分 下り:3時間30分
  • 剣ヶ峰往復:+1時間30分

₍引用:初心者の為の登山とキャンプ入門₎

 

■吉田ルートの特徴

  • 山小屋や救護場が多い
  • 登頂しなくてもルート上でも御来光が見れる
  • 人気ルートなので山道も山小屋も混雑
  • バス待ちの行列がスゴイ…

 

吉田ルートは富士山登頂までの王道ルート

初心者の方にもオススメのルートになります。

 

私も富士山は初登山でしたが、

雨の中と寒さを除けば、そこまで疲れるといった感じはありませんでした。

 

■御殿場ルート(今回は下山時に利用)

  • 出発地:御殿場口新五合目(標高1440m)
  • 標高差:約2300m
  • 往復の距離:約17.5km
  • 所要時間:登り:8時間10分 下り:4時間20分
  • 剣ヶ峰往復:+35分
  • ₍引用:初心者の為の登山とキャンプ入門₎

 

■御殿場ルートの特徴

  • 距離が長く疲れやすい
  • ゆっくり登る為高山病リスクが低い
  • 山小屋や休憩ポイントが少ない
  • ”砂走り”を走るのが超絶楽しい

 

御殿場ルートを下る最大のメリットは

”砂走り”という砂利道のような広い一本道が続き、

そこを爽快に駆け下りることができるということです。

 

山登りで「走って駆け下りる」

なんて、トレイルランでもしてない限り、そうそうないですからね。笑

 

富士山登頂から下山までの実際の様子

富士スパルライン五合目登山口~八合目まで(1日目)

五合目の登り口で、

富士山保全協力金1000円を納めるようになっています。

 

この寄付金で、富士山の環境保全や安全対策などが行われます。

 

五合目スタートしてすぐは、

平坦でなだらかな砂利道をサクサクと進む感じです。

山登りっぽい感じになってきました。笑

 

山小屋では、売店がありますが、

ご覧の通りの料金になります。

 

富士山料金なわけですが、水ももちろん通っていないし、

標高数千メートルまで物資を運びあげるわけなので

これぐらいの金額が妥当なんでしょう!

 

ペットボトルの水も500円~ですね。

 

またこんな感じの登山道を、霞の中

ゆっくりゆっくりと進んでいきます。

 

ツアー客の団体さんも多いので、

道が狭い箇所は、ところどころ渋滞していますね。

 

行く先々の山小屋で

キャンセル待ちがないか聞くも、なかなか願いは届きません^^;

 

また、山小屋で休憩ぐらいはさせてくれるだろうとの

淡い期待もことごとく裏切ってくれるのが富士山で、

 

ご覧の通り、宿泊者以外の休憩はできませんでした。笑

 

休憩客を入れてしまうと、

大混雑してしまいますから…当然ですね。

 

雨が降り続く中、レインコートを着てはいるものの、

レインコートの中は、高い湿気と汗で濡れるので、

インナーの吸水・発汗性がかなり高いものを着ていないと、

体から熱をどんどん奪われて、少し立ち止まるだけで極寒の寒さを味わうことになります。

 

靴も防水スプレーをふりかけ、

手袋をしていても、中から濡れてしまい太刀打ちできず…。

 

本当に雨が辛かったです^^;

 

奇跡的に宿泊できた山小屋(八合目蓬莱館 )

このまま山小屋に宿泊できず、日時は15時。

日中一番気温が高いはずの中で、凍える思いだったので、

 

夜が野宿になってたらマジで死ねると思っていた矢先…

 

哀れな二人の命を救ってくれた、

仏様のような山小屋が、八合目の蓬莱館でした。

 

この時ばかりは、

富士山に登頂したかのごとくとにかく嬉しかったです。

 

本来は焼印を押すための暖炉ですが、

冷え切った体を温めるには、まさに天国…。

 

山小屋の寝床は、基本的にザコ寝と聞いていましたが

敷布団まであって、かなりキレイだったので、こちらも驚き~!

 

ただのカレーとサラダが、超美味しく感じます。

 

嬉しい朝食付き。

 

気圧の関係で袋がパンパンになってます!

 

1日目の終わりに見せてくれた一瞬の晴れ間。

 

御来光にも少し期待をしながら、

温かい部屋で、仮眠が取れることにとても幸せを感じた日でした。笑

 

富士山の御来光を目指していざ出発(2日目)

山小屋からの出発は午前0時。

山道に明かりはないので、ヘッドライトを装着して登頂を目指します!

 

富士山でテント泊をする人も。すごい。

 

九合目。標高3600m。

登頂までたった400mですが、山の100mは長い長い~!

 

真夜中の霧雨の中の写真なので上手く撮れていませんが、

吉田ルートで狛犬と鳥居が見えれば、山頂はすぐそこです。

 

8合目から、約2時間程で、

早めの登頂でしたが無事に登りきりました~。

 

山頂の山小屋で温かいご飯を食べる予定でしたが、

到着が早すぎてまだ開いてませんでした^^;

 

山小屋が開いてからは、

1000円程のカレーとラーメン、そして日本酒を飲んで体を温めて、

 

また、御来光の時間(この時は5時04分)まで、寒空で待機です。

 

いざ、御来光の時間が近づくと、

みんなカメラを片手に待ち構えながら、

時折見える霞の切れ目の青空に、どこからともなく歓声があがり、

そのたびに御来光、来たか!?と思い、ドキドキ…。

 

しかし、松川の隣で冷静な富士山熟練者は、

こりゃ御来光は無理だな~と早めに諦めモード!!笑

 

結局、しばらくこの調子で御来光は拝めませんでした~><

 

ということで、御来光は来年のリベンジとして、

お鉢廻りで火口を一周しながら、もう少し日本のてっぺんへ移動します!

 

お鉢廻りしても、火口も全然見えないですけどね!笑

 

それでも日本のてっぺん(剣ヶ峰)までは、

しっかり登ってきましたよ^^

 

日本一高い場所~、記念になりますね♪

 

富士山山頂浅間大社奥宮で、

とりあえず無事に下山できるように祈願。笑

 

隣には、富士山郵便局があり、

実際にこちらから、手紙を出したり、普通郵便の配送を行ってくれるそうです。

 

御殿場ルート(砂走)下山

下山は御殿場ルートを通ります。

下山時には、既に日も上り明るくなり…

 

雲の切れ目にお目通りでき、

やっとここに来て富士山らしい景色を見ることができ、

 

スタート時点で富士山の厳しさを身をもって体感したので、

最後の最後で、富士山の上から海雲を見渡すことができただけでも、本当に感動しました。

 

御殿場ルートの醍醐味、砂走りです。

御殿場ルートでは、この道が永遠に続きます。

 

他のルートより距離は長いのですが、

砂走の砂利道は柔らかく膝に負担が少ないので、

飛び降りるような感覚で駆け下りることができて、超楽しです^^

 

ただ、調子に乗り過ぎると

止まれなくなってこけるので注意が必要ですが。笑

 

あとは、このルートでは、砂走に入ると

五合目までは全く山小屋はなくなるので、

その前にしっかり休憩することと、水分をしっかり補給しておきましょう!

 

富士山からの下山道は

御殿場ルートがオススメです♪

 

砂走を駆け下りる動画があったので載せておきます^^

 

富士山を実際登ってみて思ったこと。まとめ

結局、今回は富士山の天気に嫌われ、

御来光も見えなければ、ふもとからの富士山の影すら見えませんでした。笑

 

それはそれでちょっと残念な気もしましたが、

お楽しみが増えたと思い、

次回はもう少し多くの仲間で富士山に臨みたいな~と思います!

 

そして、

砂走をみんなで競争して駆け下りたいですね。笑

 

今回は行きも帰りも見えませんでしたが、

下山後は富士山の見える温泉でゆっくりして…^^

 

また、富士山の登山は実際にツライのかと言うと、

5合目まではバスで行けるし、

しっかり準備を行い天候に対応できれば、

意外ときつくないというのが正直な感想です。

 

もちろん、筋肉痛、関節痛は多少ありましたが、

外国人観光客も多く、他の登山客との出会いもあります。

 

日常の環境から敢えて離れて、自分が普段しない体験をしたり、

知らない世界に飛び込んでみることは、

今までの価値観を壊し、新しい価値観を取り入れて成長できる大事な機会になりますからね^0^

 

要するに楽しみ方次第だなと思いますが、

富士山にはたくさんの魅力がありますよ~♪




Information

◆土日限定開催:無料相談会のお知らせ

【副業や事業としてAmazon転売に参入したい個人向け無料面談】

Amazon転売参入後、3か月で脱サラし、その3か月後に月商200万円の生徒K氏を輩出したマックスフルネス松川が対面形式という形で【1か月一名様限定】で無料面談を実施致します。

対象は、サラリーマンや個人事業主様で月5~15万円の利益を達成するためのノウハウや運営方法を答えられる範囲で答えてゆきます。

独立支援コース以上の方につきましては、月商レベルで最低でも85~100万円以上達成し、事業拡大に伴い1500~2000万円程度の融資(年利2~3%)を受けられるレベルまで指導することが可能です。

Amazon転売に対して真剣な人に限り毎月実施しているのと、無料ということもありまして、テキストによる事前審査もさせていただきます。

審査に通過されたクライアント様は、必ず質問事項ご持参の上、ご参加いただく流れとなります。

全国から福岡へお越しにくるクライアント様もいますが、2016年4月度よりスカイプや電話による面談を受け付けることが可能となりましたので、ご承知置きいただければと思います。

※現在は、5割の方が審査を通過しております。

●福岡限定開催 毎月1名様限定 ※厳選したいので、審査を必ずします。

【日時・締切日】
2017年11月5日(日)13時~(11月2日に募集締め切り)
2017年11月23日(木)13時~(11月20日に募集締め切り)

※コンサル生は定員になり次第、募集は一切致しません

【面談場所】福岡市内の某ホテル
【参加料金】お茶代のみご負担下さい。
【対象者】稼いで真剣に生活レベルを向上させたい人のみ

お問い合わせはコチラ


募集は終了!次回のセミナー開催はメルマガでお知らせします。






nihon

topbanner

公式LINEでは、「0円仕入れの転売ノウハウ」を紹介しています!



【毎月1名様限定】あなたを徹底的に個別サポートします!



コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ