こんにちは!

Amazon転売せどり大全の著者

松川和憲です。

 

せどりは基本、薄利多売の商売なので、

ちまちま利益を上げるのがイヤで、

高利益商品を転売したいと思ったことはありませんか?

 

実は最近、ライブなどのチケット転売の話が

結構盛り上がっているみたいですね。

 

調べてみると、チケット転売の

利益率は恐ろしいぐらい高いです。

 

ちなみに、チケット転売というのは

人気の高いライブやスポーツの入場

チケットを買い占めて高額で転売する、

いわゆるダフ屋ですね。

 

数年前は会場の前で手売り

している人も沢山いましたが、

最近はチケット転売の専門

サイトなんかも登場していて、

特にネット転売が問題視されているようです。

 

ですが、あれって一般的に

良くないことだというのは

何となく知っているのではないでしょうか?

 

実は、モラル的な問題だけでなく、

法律違反に当たる可能性もあり、違法になるんですね。

 

そこで今回は、チケット転売について

詳しく知ってもらうために、

過去に起きた事件や逮捕例など、

またやって良いチケット転売と

違法になるチケット転売の違いなどをまとめてみました。

 

一歩間違えれば違法になってしまい、

せどり人生だけではなく、これからの

人生を大きく変えることになってしまうので、

 

松川松川

中途半端な情報で過ちを犯さないように、しっかり勉強しておいてくださいね!

チケット転売における現在の問題

チケット転売の何が違法になり、

どのような問題があるのか確認していきましょう。

アーティストのチケット転売

チケット転売に関する最近起きた事件で、

嵐チケット詐欺事件」というものを

ご存知でしょうか?

 

チケット転売人が逮捕された事件で、

アイドルグループ「嵐」のコンサート

チケット5枚を他人に売りさばいた

として25歳の女性が捕まりました。

 

受け取った金額は約7万円

 

今までほとんどダフ屋の取り締まりはなかった

のですが、今回は7万円の逮捕事件となり、

 

「警察も本格的にチケット転売撲滅に動き出したか!?」

 

とネットでは騒がれていました。

 

しかし、事件を追っていくと、なんと過去に

300枚ものジャニーズのライブチケットが

転売されていたことが分かってきました。

 

嵐を含むジャニーズのコンサートチケットは

日本で一番入手が難しいとされています。

 

なのになぜ、この女性は300枚ものチケット転売を

することができたのでしょうか?

 

この犯人はどうやら「チケット交換サイト

なるものを利用し、

そこでチケットを不正入手していたようです。

 

チケット交換サイトでは、ユーザー同士で

チケットの交換や定価での売買ができるのですが、

この人は交換を持ちかけて自分だけが受取り

相手にはチケット送っていなかったそうです。

 

そうして手に入れたチケットを

他人に売って稼いでいたようですね。

 

この事件はただのダフ屋ではなく、

立派な詐欺事件だったんです。

 

また、チケット転売はこういった詐欺事件

の他にも偽造チケットが売られたりといった

犯罪の温床になっていたりします。

 

チケット転売はかなり高額で売れるので、

大きな犯罪に繋がるところが

一番問題視されているんですね。

 

ただし、詐欺や偽造はもちろん

違法ですが、チケット転売という

行為自体では詐欺ではないですよ。

 

でも、犯罪ではないかというと、

そういうわけでもないんですね…。

 

チケット転売は違法なのか?

チケット転売ってそもそも違法になるの?

と疑問に思っている人もいるかもしれません。

 

結論から言ってしまうと、

チケット転売も違法になります。

 

ダフ屋行為は多くの都道府県(47都道府県中40の地域)

において「迷惑防止条例」で禁止されていて、

違反した場合は刑事罰の対象となります。

 

刑法ではなくて、条例違反ですが

条例も法律であることには違いありません。

 

ちなみに、条例の対象外の地域でも

他の法律で取り締まられる可能性があるので、

チケット転売は、おすすめできません。^^;

 

大した実害もないことから、今まであまり

取り締まりの対象にはなっていませんでしたが

ダフ屋行為自体も立派な犯罪ですし、

実際に検挙されている例もございます。

 

「バレないかも…」

「バレなければ大丈夫…」

 

なんて思っていると痛い目をみます。

 

先程の詐欺や偽造チケットの

販売がされたりと、事件が

過激になりつつもあり、警察も注目しています。

 

最近はチケット転売の撲滅の動きが

高まってきているので安易に手を

出すのはおすすめできませんね。

 

松川松川

令和元年6月14日に「特定興行入場券の不正転売の禁止等による興行入場券の適正な流通の確保に関する法律(チケット不正転売禁止法)」が施行され法律でも規制されることになりました。

 

違法と言うけど、ヤフオクで売られている?

チケット転売は違法だと言うけど、

ヤフオクなどを見ていると

よくチケットが売られている!

と感じる方も多いのでは?

 

あれもチケット転売とすると、

すべて犯罪行為になるんでしょうか?

 

実はチケット転売のすべてが

条例違反になるわけではなく、

ある要件を満たせば免責されるのです。

 

その要件とは

 

  • 初めから行くつもりで買った物
  • 双方が納得でき、かつ常識の範囲内の値段設定

 

であれば、チケット転売しても違法にはなりません。

 

たとえば商品説明欄に

 

行くつもりでしたが、予定が

入ってしまったのお譲り致します。

 

と書いていたりしますが、

このようなチケット転売は

問題ありません。

 

また販売価格は定価が基本となります。

 

例外的に、チケットのプレミア度が高く入手

困難であれば、多少値段が上がることもある

でしょうが、あくまでも常識の範囲内でなければ

転売行為として捕まえられるリスクがあります。

 

たとえ「予定が・・・」と書いていても

本当は転売目的で売っている人も

少なからずいるでしょうからね。

 

これは先程も申した通り、

立派なダフ屋行為ですから、

バレないと思っていると

痛い目をみます。

 

そういうリスクを背負って

やっているのかもしれませんが、

いくら転売で稼ぎたいと言っても、

もちろんそんなことはおすすめしません^^;

 

チケット転売は、通報制度がある

チケット転売は親告罪でないため、

被害者による訴えがなくても

国から直接訴えられる危険があります。

 

その行為自体が犯罪(違法)に当たるわけですね。

 

つまり、第三者からの通報で逮捕される

可能性がありますので、くれぐれも安易に

チケット転売で儲けようとしないでください

 

起訴されたときの有罪率は99.9%ですから

警察が来た時点で一巻の終わりですよ…。

 

チケットの不正転売と対策

最近では利益目的のチケット転売を

禁止するために、入場の際のチェックが

厳しくなっていることがあります。

 

まだ稀でありますが、入場の際に本人

確認証のチェックや、顔写真やファンクラブ

会員証の提示が求められる場合もあります。

 

また、バーコードやシリアル番号の

チェックといった機械によるチェック

がなされる場合もあります。

 

ネットによってダフ屋行為が横行して

しまっているので、主催者もその

対策を強化してきているのですね。

 

このように転売で購入した

チケットでも最近は入場拒否を

させられるケースも増えています。

 

転売者がファンクラブの会員で

ファンクラブ永久追放になった例もあります。

 

また、買う側もチケットを利用できなくても

あくまでも自己責任なので

転売チケットを購入するのもおすすめできません。

 

2019年6月14日には「チケット不正転売禁止法

が、ようやく施行されて、より一層チケット

転売に対する取り締まりも厳しくなるでしょう。

 

これでも完全にチケット転売を撲滅できる

わけではないと思っていますが、ポイント

となるのは「業として転売した」と見なされる

かどうかというところみたいですね。

 

チケットを安全に売る方法

では、間違えて買ってしまった

チケットを安全に換金するには

どうすればよいのでしょうか?

 

そういう時は、直接金券ショップ

行って買い取ってもらいましょう。

 

とても人気の高いものであれば、

定価で買い取ってもらえるかもしれません。

 

でもまぁ、定価で売れたら御の字でしょうね。

 

少なくとも定価割れは覚悟すべきですし、

あまり人気がなかったり

期限があとわずかだったりすると、

買い取ってもらえないこともあります。

 

先程言ったように、たとえヤフオクでも

間違いや予定が合わなくなったなどの事情

があれば、まっとうにチケット転売できるので、

インターネットで売っても良いかと思います。

 

ただ、転売チケットでは入場できない

コンサートもあるので、その点は要注意ですね。

 

ちなみに、正規の二次流通のシステムも検討

されているので、今後は、

行けなくなった場合には、

普通に返金処置をしてもらえるようになると思います!

 

チケット転売に関する注目サイト

 

8月23日にチケット転売に関して世間を

騒がす大きなニュースがありました。

 

  • 「一般社団法人 日本音楽制作者連盟」
  • 「一般社団法人 日本音楽事業者協会」
  • 「一般社団法人 コンサートプロモーターズ協会」
  • 「コンピュータ・チケッティング協議会」

 

この4団体が「#転売NO」という共同声明

を発表し『チケット高額転売取引問題の防止』

に本格的に乗り出すようです。

 

そして、立ち上げられたホームページがこちらです。

 

no-chiket-tenbai02

#転売NO

 

多くのアーティストと音楽イベントの賛同を

集めており、かなりインパクトが強いですよね。

 

今後は入場の際にコンピューターによる

システムも導入されたりして、チケット転売が

できない仕組みが整備されていくことでしょう。

 

これでますますチケット転売の

撲滅運動が高まっていくでしょうね。

 

まとめ

 

たしかに、チケット転売はかなり

利益率が良い商材で、はっきり言うと儲かる

から手をだしてしまう人が多いのは事実です。

 

人気のあるアーティストのライブや

スポーツの試合チケットなら定価の

2倍程度になることはしょっちゅうですし、

 

最近でも広島カープ25年ぶりリーグ

優勝目前の試合ではなんと1枚30万円

(定価の157倍)で取引されていたそうです!

 

no-chiket-tenbai03

利益率15700%とか半端ないですよね(笑)

 

他にもジャニーズのライブを

チケット転売して女子高生で月数百万円

稼いでいる人もいるとか…。

 

この話だけ聞くと、

やりたくなる気持ちは分からんでもないですが、

チケット転売は犯罪ですから、

絶対にやってはいけないことなんですね。

 

また、ライブ、コンサート、スポーツを

純粋に楽しみにしているファンの人たちも

たくさんいるので、その人たちのことを

思うとモラル的にも良くないですよね。

 

今後は取り締まりや転売対策も強化されて

いき、逮捕のリスクも高くなるはずです。

 

先細りビジネスになることは間違いないでしょう。

 

いくらチケット転売が、儲かるとはいえ

チケット転売は犯罪なのでくれぐれも

手を出さないことをおすすめします!

松川松川

チケット転売は違法の可能性もありおすすめできません。このような注意喚起の情報もメルマガでお伝えしているのでよかったら登録してみてください^^



今月のオススメ記事BEST5
メルカリ転売で稼ぎたいあなたにオススメ!
時流に乗って!メルカリ転売で儲かるおススメな商品7選とは?

松川のコンサルが気になるあなたにオススメ!
マックスフルネスの「副業マンツーマンサポート」とは?

せどりのイロハを知りたいあなたにオススメ!
せどりとは?amazonせどりで年商1億円達成した経験をもとに解説

Amazon転売で人生を変えたいあなたにオススメ!
Amazon転売で実際に月714万円稼ぐ方法を分析してわかった5つ


Information

◆限定開催:無料相談会のお知らせ

【副業や事業としてAmazon販売に参入したい個人向け無料面談】

Amazon転売参入後、僅か3か月で脱サラし、今では年商1億円企業にまで成長したマックスフルネス松川が対面形式という形で無料面談を実施致します。

対象は、サラリーマンや個人事業主様で月5~15万円の利益を達成するためのノウハウや運営方法を答えられる範囲で答えてゆきます。

脱サラ・独立志望の方は、月収レベルで30~75万円以上、年商1000~2000万円程度のレベルまで指導することが可能です。

Amazon転売に対して真剣な人に限り定期開催しているのと、無料ということもありまして、テキストによる事前審査もさせていただきます。

審査に通過されたお客様は、必ず質問事項ご持参の上、ご参加いただく流れとなります。

現在はコロナウイルスの影響に伴って、Zoom面談を受け付けております。ご了承ください。

※現在は、5割の方が審査を通過しております。

●無料面談のお知らせ※厳選したいので、審査を必ずします。

【日時・締切日】
平日:お互いの日程を調整して面談を実施
休祝日:お互いの日程を調整して面談を実施

※コンサル生は定員になり次第、募集は一切致しません

【面談方法】Zoom面談
【参加料金】今なら無料
【対象者】Amazon出店と販売を真面目にされたい方

詳細を確認する!